発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 タヴィストック・セミナー(精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ビオンがダヴィストックで行った6回のセミナーの講義録である。録画されていた資料を基に、ビオンの妻であるフランチェスカが編集したのだが、当初から出版が予定されていなかったのか、全てが録画されていたわけではないようで、ところどころ記録が欠損している。そのため、前後の文脈が分からない箇所が多々ある。

内容については、直接精神分析についてビオンが語っているというよりは、哲学や思想、社会、生物学などから語っていき、実際に何をしゃべっているのか分からないようでいて、最終的には精神分析や人間そのものについて大きく関わってくる話になるという感じである。

ビオンはもちろん精神分析家であるが、彼の自由の思考は精神分析の枠内に留まらなくなっている。しかし、それでいてやはり精神分析に舞い戻ってきているという極めてアクロバティックな動きをしている。これこそが自由連想といっても良いのかもしれないが。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
神のみぞ知る神の味噌汁
=
දෙවියන් වහන්සේගේ Miso සුප් දෙවියන් වහන්සේ දන්නා

2015/08/25(火) 12:37 | URL | HANTH # - [ 編集する]

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purely0307.blog79.fc2.com/tb.php/653-656634fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。