発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 力動的アプローチを実践したい初学者のためのグループ・スーパーヴィジョン(精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知り合いの先生が来年度も研究会をするということで案内を頂きました。
みなさん、奮ってご参加くださればとのことです。

力動的アプローチを実践したい初学者のためのグループ・スーパーヴィジョン

 皆様方には、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 この度、力動的アプローチをこれから実践しようとしている方、実践しつつある方のためにグループ・スーパーヴィジョンを開催いたします。力動的アプローチに興味はあるが、どのように実践したら良いのか分からない、もしくはこのような実践で良いのか、等々の不安や悩みをもちながら日々の臨床をしている人も多いでしょう。
 このようなことを学んでいく上で、実際に個人でスーパーヴィジョンや訓練分析を受けることがまずは非常に重要です。さらにその上で、このように似たような経験を持つもの同士が集まったグループでスーパーヴィジョンを受け、仲間がどのように実践をしているのかに触れることも良い訓練になります。
 年間11回開催し、それぞれで一人が発表してもらいます。定員は10名ですので、必ず1回以上は発表できるようにしています。発表する事例は特に構造化されていなくても構いません。そこからどのように力動的にしていけば良いのかを検討していきますので。是非この機会に参加していただければと思います。

★日時:平成26年4月から毎月 第2日曜日(8月は除く)の10:00~12:00

★会場:六角橋地域ケアプラザ(〒221-0802横浜市神奈川区六角橋3-3-13)
 交通:東急東横線 白楽駅から徒歩10分、横浜駅西口より市営バスで15分 神奈川大学入口下車徒歩1分、地下鉄 片倉町駅から徒歩20分 http://www.rokkakubashi-c-waka.jp/company.html

★参加資格:臨床心理士や医師などの守秘義務をもつ専門家、臨床心理系大学院生などで、自分自身のケースを1回以上は発表できる人。概ね力動的な臨床経験が約5年以下が対象です。

★スーパーヴァイザー:
1)北川清一郎(神奈川大学心理相談センター 臨床心理士)
 関西大学大学院を修了後、主に精神科領域で仕事をしてきました。精神分析の中でもクライン派や独立学派の立場に共感しています。関心対象としては境界例や精神病といった重症の患者に対してどのように分析的に取り組めるのかについてです。
2)吉沢伸一(ファミリーメンタルクリニックまつたに 臨床心理士)
 青山学院大学大学院を終了後、心療内科・精神科クリニックや精神科病院・思春期デイケアなどの医療領域、公立中学のスクールカウンセラーや教育相談室・適応指導教室の教育領域で主に力動的臨床を実践してきました。成人のみならず、特に児童・思春期の問題についての力動的理解と実践についてを臨床テーマとしています。

★費用:通年50,000円(修士課程の院生は40,000円)

★定員:10名(年間で1回は発表できます)

★臨床心理士のポイント:日本臨床心理士資格認定協会の臨床心理士更新のためのポイントを申請する予定です。

★申し込み方法:(1)名前 (2)所属 (3)電話番号 (4)メールアドレス (5)力動的アプローチの経験年数 (6)臨床心理士資格の有無、の6点を明記して募集要項に記載しているメールアドレスまでご連絡ください。銀行口座をお知らせしますので、振込をしてください。振込を確認できた時点で申し込み確定となります。

★募集要項: http://psy37.web.fc2.com/h26gsv.pdf

★その他:GSVを開催する日の午後には文献講読と症例検討も行っております。ご希望の方は http://psy37.web.fc2.com/h26youkou.pdf をご参照ください。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purely0307.blog79.fc2.com/tb.php/623-8cf5267d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。