発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 ひきこもり救出マニュアル(精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


仕事上、必要になったので読んだ本。ひきこもりの方のご両親やご家族に向けて書かれた本。そのため、専門用語が少なく、平易で、分かりやすいのが特徴。ひきこもりにまつわる具体的な問題(金銭、学業、暴力、福祉制度など)に対して、具体的な対応を述べている。

本書における、ひきこもりに対する基本的な対応は、家族療法をもとにした家族に対する指導と、ひきこもりの方へは対人場面への段階的暴露である。

全部で500ページほどある大作なので読むのに一苦労した。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purely0307.blog79.fc2.com/tb.php/581-ab7f6672
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。