発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 統合失調症の理論についての覚書(精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィルフレッド・R・ビオン(著) 「統合失調症の理論についての覚書」 1953年
松木邦裕(監訳) 中川慎一郎(訳) “再考:精神病の精神分析論” 金剛出版 2007年 pp32-44

ビオンは統合失調症者の言語を、(1)行為の様式、(2)コミュニケーションの方法、(3)思考の様式の3通りに利用されると言う。本論では、(1)行為の様式について、を論じている。

行為の様式とは、他者が求めているのが思考である時、統合失調症者は行為することで表現するとのことである。それは投影同一化に根差しているものであり、そこには象徴性が機能していない。象徴を利用できるためには、(1)全体対象を把握する能力、(2)妄想分裂ポジションを、それを随伴したスプリッティングとともに放棄すること、(3)分裂したものを一つにまとめて、抑うつポジションを導きいれること、の3つが必要となってくる。

そして、分析が成功を収めていると、統合失調症者は心的現実を実感するようになる。幻覚や妄想を持っていると知ることとなる。そして、こういう羽目に陥れたのは分析家であると患者は憎むのである。

抑うつポジションへの移行の段階で、言語性の思考は強烈であり、妄想分裂ポジションに退行する。それだけ苦痛が大きいということなのであろう。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purely0307.blog79.fc2.com/tb.php/571-7995e503
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。