発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 羨望を巻き込んだ一例についての覚書(精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D.W.ウィニコット(著)「羨望を巻き込んだ一例についての覚書」 1963年
館直彦 他(訳)“ウィニコット著作集6巻 精神分析的探究1 精神と身体” 岩崎学術出版社 2001年 pp97-100

ここで登場する症例は男性で、これまで合計25年に及ぶ分析治療を受けた後に、ウィニコットとの分析に入り、3年が経過している。彼はウィニコットに羨望を向けており、それを同僚医師に対するものとして置き換えを行っていた。そこをウィニコットが解釈することにより、彼の同性愛願望が露になり、去勢する男性=父親を捜し求め、それをウィニコットに求めていたことが明らかになった。そして、連想すべきことを連想しないことにより、ウィニコットから解釈を引き出そうとしていたようである。

このようなことが分析の中で展開し、中間領域が開発され、憎しみを正当に感じるようになっていったとのことである。

ウィニコットの分析の一場面のことであるが、ウィニコットがどのように解釈をし、抱えていったのかがリアルに分かる論文である。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purely0307.blog79.fc2.com/tb.php/564-40a697da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。