発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 境界性人格障害=BPD実践ワークブック(精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ボーダーラインに関わる友人・恋人・家族を対象にした本。それゆえ、あまり専門用語を使っておらず、平易な言葉で書かれている。また、理論的な側面よりも、実践重視で具体的な対応案などが中心であり、明日からでもすぐに使えるようになっている。

ただ、本書の考え方として、BPDはやっかいで自分勝手な人というニュアンスがちらほら見え隠れする。そして、どのように距離を取るのかバウンダリーを作るのかがメインとなっている。確かにそれも大事ではあると思うが。

あと、用語的に何箇所か間違った風に使っているところもある。その一つは「アクティングイン・アクティングアウト」という用語で、本書では前者を自分を傷つける行為という意味で使い、後者を他者を傷つける行為という意味で使っている。

この用語は精神分析の文脈で使うと、前者は面接場面において言語ではなくその他の方法で葛藤や欲動を表現することという意味であり、後者は面接との関連で、面接室の外で治療者のいないところで何らかのアクションを起こしたり症状化がなされたりするという意味である。また両者とも治療者との関係においてという前提がある。さらに、これらの用語には否定的な意味はなく、良い行動も悪い行動もアクティングイン・アクティングアウトと呼んでいる。

一般的な精神医学用語・精神科用語からアクティングイン・アクティングアウトと言うと、精神分析的な意味合いよりも狭くなり、治療とは正反対の問題行動・悪い行動・症状悪化などを指している。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
おおきにっ、こんばんは。

この本を買おうかどうかと迷っています。
アマゾンは、私のこれまでに購入した本などを集計して、おすすめ本を示してきます。心理系の本では、オススメ度はトップとなっています。

ただ、何だか専門書ではなく、啓蒙書というイメージで、、、。

私の場合、勉強のメインは糖尿病や高血圧の治療や、生化学などの基礎医学であって、それに加えて心理学を勉強するので、あまり突っ込んだ勉強が困難です。そんなレベルなので、丁度良いのかなと思ったりしています。

人格障害で悩むのは、○○型という分類が困難で、複数の要素を併せ持っている方が多いという事です。混合型とでも呼ぶべきだと思うのですが、中には統合失調症型人格障害の実例もあり、統合失調症との線引きに悩みます。
2007/07/14(土) 00:42 | URL | ヤキソバ # - [ 編集する]

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purely0307.blog79.fc2.com/tb.php/55-7572b589
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。