発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 治療相談の意義(精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ウィニコットは1~2回の精神療法的な面接だけである程度患者の問題が解決できるということを主張し、これを治療相談と名づけた。そして、これは何年もかけて行われる精神分析と遜色ないぐらいの意味があるとも言っている。

ただ、治療相談を行う治療者は精神分析の訓練を受けていることが前提であり、それがあるからこそたった1~2回でも患者の本質的で無意識的な葛藤や情緒を解釈できるのである。というのも精神分析をしていると初回の1~2回で患者の本質的なものが出てくることはよくあることである。そして治療相談を行った場合、うまくいかないからと言って途中で精神分析に変更することは辞めた方が良いとウィニコットは言う。

またここでは心理士による知能検査にも触れられている。この時代の心理士の役割としてはセラピーではなくテストが主な仕事となっていたようである。そしてウィニコットは心理士との検査において患者がそこで素材を全て出したにも関わらず、扱ってもらえないことが起こる為、外傷的になるという。そのため、最初に心理士には会わせないほうが良いとしている。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purely0307.blog79.fc2.com/tb.php/536-143ef837
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。