発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 スクィグル・ゲーム(精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スクィグル・ゲームとは治療者と患者のどちらかが殴り書きをし、もう片方がそれが何に見えるのかを答えて、その絵を描いていく。そして交互にそれを繰り返すというものである。

ウィニコットは1~2回の治療相談を行っており、その構造の中でスクィグル・ゲームをよく用いていたようである。治療相談では、現実的な対応をすることもあるだろうが、たった1~2回で患者の内的世界・無意識を把握し、それに答えていかねばならない。その時にこのスクィグル・ゲームが非常に役に立つということのようである。そして、実際の症例を素材にしてスクィグル・ゲームを紹介している。

また、ウィニコットはこのスクィグル・ゲームをしたり、治療相談をする治療者は頭が良くなくても良い、それよりも感受性があり、自由に遊べる人が良いとしている。私のように頭も良くなく、感受性もなく、自由に遊べない人はどうしたら良いのだろうかという疑問はあるが、それはそれとして。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purely0307.blog79.fc2.com/tb.php/535-b1080c40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。