発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 児童精神医学、ソーシャルワーク、そして代替的な介護(精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D.W.ウィニコット(著)「児童精神医学、ソーシャルワーク、そして代替的な介護」 1970年
牛島定信・藤山直樹・生地新(監訳)“ウィニコット著作集4 子どもを考える” 岩崎学術出版社 2008年 pp190-195

人間は絶対依存の時期から相対依存の時期に移行するのであるが、そのどこかで失敗し、不適応になったり病気になったりする。これらの病気を単に身体的なものとしてしか理解できないと不十分な対応しかできなくなる。

精神的な面も含めた理解と、そのケアが必要となってくる。そのためには環境を整えることがまずは必要であり、不用意に精神療法に持ち込むことは戒めなければならないと言っている。精神療法を極めたウィニコットだからこそ、このようなことが言えるのであろう。

さらにはこのようなケアの中では心理士は不必要であるとも言っている。このころの心理士の役割は知能検査をすることに限られていたという社会情勢も関係しているのかもしれない。今日においては心理療法・精神療法も行い、さらにはコミュニティへのアプローチも行っているので、そうなってくるとまた違うのではないかと思われる。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purely0307.blog79.fc2.com/tb.php/528-4ed7ea12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。