発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 家族の中の子ども(精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クラインやクライン派の精神分析では子どもの内的世界だけをターゲットにして治療をおこなってきた。それはそれで成果のあるものであったが、ウィニコットは内的世界だけではなく、外的世界をも含みいれた理解が必要であると提唱してきた。そのことを本論文でも冒頭にふれている。それは精神分析だけではなくケースワークをする上でも大切な視点であるとも指摘している。

さらに内的世界と外的世界の間にある空間をウィニコットは移行空間と呼び、主観と客観の交じり合う領域であるとも言っている。

そして本論文の主題である「誠実と不誠実」に話がうつる。ウィニコットは不誠実なものを一方的に断罪するのではなく、不誠実なものも成長する過程では必要であると言う。それを耐えられることにより、葛藤を持つことができ、成熟した大人になれるとしている。そして「不誠実とは人間が自分自身であろうとしたために、自分自身でないもの全てに対して誠実ではいられなくなるということである」と言って締めくくっている。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purely0307.blog79.fc2.com/tb.php/514-3cc3a6a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。