発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 防衛組織化の概念と比較した臨床的退行の概念(精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この論文はウィニコットが境界例の分析的な治療の中でスキゾイドに移行した症例から考察している。これまで繰り返し語られているが、早期の環境の失敗、つまり母親の養育の失敗が精神病的な破綻を生じさせるというウィニコットの理論がある。そしてそれが転移の中で繰り返される時に退行が起こるのである。その退行には2種類があり、単なる病的な退行と、依存の余地があり、新しい環境の提供のゆえの退行である。明らかに後者には治療的な意義があるということである。

このような退行を経験し、治癒に向かうが、それは苦しみから解放されるという意味ではない。逆に、「患者が傷つかないことを放棄して苦しむ人となるようにする」ということである。そうなるためには、治療の中で分析家が失敗をし、その失敗に対して怒りを表現できる機会を与えるということが必要なのである。これは早期乳幼児期には母親の失敗の再演であるともいえるが、もちろんこれは意識的に失敗するということではないのは言わずもがなである。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purely0307.blog79.fc2.com/tb.php/479-1be509f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。