発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 早期の脱錯覚(精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ウィニコットの初期の論文。ウィニコットは「躁的防衛」の論文により精神分析家になっているので、それから4年後に書かれたものである。このときのウィニコットはまだクライン派の一員である。

本論文では、成人女性の分析例を用いて、早期の母子関係において、性的興奮を覚えたことを正直に母親に伝えれなかったことが転移関係の中で再現されていることを論じている。彼女がその正直なことを母親に伝えた場合、母親がそれに耐えれないだろうという不安を感じていてのことなのである。それはウィニコットに対して贈り物をしたと気に受け取ってもらえないだろう、という転移にそれが現われていたのである。

これらの分析を通して、ウィニコットは強迫的な正直さから解放されるならば、嬉しさを感じることができるようになるだろうと言っている。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purely0307.blog79.fc2.com/tb.php/475-684c826c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。