発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 認知行動療法実践ワークショップ�ケースフォーミュレーション編(精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


前著作の初級ワークショップは実際の模様を収録して図書化したものであったが、本書は実際のワークショップの模様ではなく、口語的に書き下ろしたものである。その為、読者・聴衆に話しかけるような文体になっており、大変読みやすくなっている。

本書では、特に治療の初期のことを取り上げ、重点的に論じられている。洗足ストレスコーピングサポートオフィスで行われているインテークのやり方や心理検査などが詳細に提示されており、そのまま他で使えるかどうかは分からないが、参考になるところは多いだろう。特に心理検査の種類は多く、それだけアセスメントに力を入れているところがよく分かるように思う。

さらに応急処置として、認知行動療法の本筋ではないが、本筋をよりよく進めるためにこのような方法を紹介しており、このようなこともアリなのかもしれない。

しかし、分量もページ数も多く、かなり読み応えがあるが、その分、持ち運びにも大変苦労した。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purely0307.blog79.fc2.com/tb.php/441-e20b8043
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。