発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 日本版WAIS-Ⅲの解釈事例と臨床研究(精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5年前にWAIS-Ⅲが発売され、ようやく解釈本として本書が今年になって発売された。WAIS-Rからいくつかの改訂があり、そこのところをどのように解釈したら良いのか不明なままだったが、ようやく指標的なところが明確になったように思う。

WAIS-Rからの大きな変更点としては群指数が導入され、統計的な妥当性が向上した点がとくに注目される。また項目もいくつか追加され、多面的に能力・機能を捉えることができるようになったのは大きい。ただ、それによって施行時間が長くなってしまったのは仕方のないことと言えるかもしれない。

本書ではまずウェクスラー知能検査の歴史的経緯や理論的背景について概観し、その後解釈の手順を説明している。さらには、精神科系から脳外科系までさまざまな計8つの事例を元に、どのように解釈していくのかについて分かりやすく例示されている。さらには、2項目ないし4項目だけから全体IQを推定する、簡易実施法の研究が掲載されている。また発達障害・頭部外傷・失語症・アルツハイマー・パーキンソンのそれぞれのWAIS-Ⅲに現れる特徴を挙げている。ただし、これらについては個別性が強いらしく、WAIS-Ⅲの指標で単純に判別することは難しいというか不可能であるという感じのようである。最後にはプロフィール分析を行う上での採用基準・採用根拠が付録として掲載されている。WAIS-Ⅲを解釈していく上では非常に参考になるところである。

WAIS-Ⅲを施行し、解釈していく上では本書は必須の本である。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
最近ようやく予算がおりて買えました(笑)
2011/12/19(月) 18:23 | URL | ネピリム # - [ 編集する]

5000円ほどでやや高めですからね。予算が下りてよかったですね。
2011/12/19(月) 18:36 | URL | ピュアリー # 6fwIY24o [ 編集する]

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purely0307.blog79.fc2.com/tb.php/425-643c8798
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。