発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 ケース概念化による認知行動療法・技法別ガイド(精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


認知行動療法の初心者の人が認知行動療法の基本的な技能を学ぶための入門書。そうは言っても、ある程度の基本的な概念や用語を知っておかないと理解することは難しいと思われるので、学部程度の知識は知っていることが本書を理解する前提かもしれない。

1部では、問題解決技法・認知再構成法・行動修正・不安管理訓練・アサーショントレーニングの技法のやり方が細かく書かれている。2部では抑うつ・不安・人格障害といったケースに実際にどのように適用するのかをケースを通して詳細に説明されている。

二つ目のケースはパニック障害であり、これまでの研究ではパニック障害にはエクスポージャーが効果的とされているが、本書では不安管理訓練→認知再構成法という技法が選択されている。絶対にエクスポージャーを使わねばならないということではないとは思うが、結果的に長期にわたるセッションになっており、その是非について疑問があるところである。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purely0307.blog79.fc2.com/tb.php/415-68ff5a60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。