発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 動機づけ面接法 基礎・実践編(精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


動機づけ面接法は、これまでのアルコール依存・薬物中毒・ギャンブル依存の患者に対して対決的で、指示的で、強制的な対応をしてきたことへのアンチテーゼとして、クライエント中心療法をベースに、患者がより良い選択をできるように援助する方法として成立してきた。

患者は変わりたい気持ちと現状維持したい気持ちの両方があり、その両価性の中で葛藤している。そして変わりたくない気持ちに揺れ動いた時は今までなら「抵抗」としてみていたが、それはカウンセラーがまずい対応をしたというサインであると捉えなおし、カウンセラーの対応をまずは検討しなければならないと動機づけ面接では理解する。そして、そのような矛盾を拡大し、クライエントが自ら変わる必要性を感じていくことを援助していくのである。その際、「チェインジ・トーク」というクライエントが変化をしていくことに重きを置く発言をドンドンとしてもらうように援助することが大事である。

このことから分かるように、動機づけ面接ではクライエントとカウンセラーの協働性を、クライエントのリソースを引き出す喚起性を、クライエントが自主的に決断する自律性の3つを重んじている。

両価性を尊重し、矛盾を拡大し、葛藤を感じてもらうこと。抵抗を病理ではなくカウンセラーのまずい対応のサインと理解すること。自ら変わることを目指すチェインジ・トークを引き出すこと。これらが面接の中で行っていくことである。その為の具体的な技術が以下のとおりである。

「開かれた質問」
「振り返りの傾聴」
「認めて肯定する」
「要約して締めくくる」
「チェインジ・トークを引き出す」


その際

「質疑応答の落とし穴」
「一方の立場を擁護する落とし穴」
「専門家の落とし穴」
「レッテル貼りの落とし穴」
「機が熟す前に焦点を当てる落とし穴」
「責める落とし穴」

の6つの落とし穴にはまらないように気をつけるべきである。

また、チェインジ・トークで呼び覚ます開かれた質問では

「現状維持の不利益」
「変わることの利益」
「変化に対する楽観的な態度」
「変化を決断する意思」

の4つの側面に焦点を合わせると良いとしている。

そして抵抗が表れた場合には先には進まずにそれをまずは受け止め、対応しなければならない。そのいくつかの方法として

「振り返り」
「焦点を移す」
「違う視点で言い換える」
「少し意味を変えて同意する」
「個人の選択とコントロール(統制権)を強調する」
「歩調を合わせて進む」

がある。

その他に変化のための自信を深める対応として

「自信の測定」0~10で
「過去の成功を振り返る」
「個人の内的資源(長所)と援助」
「ブレインストーミング」
「情報と助言を提供する」
「違う視点で言い換える」
「変化が起こったものと仮定する」
「自信を示す言葉に応答する」

などがある。

これらの対応で両価性が少しずつ解決し、変化への行動が増えてくるようになる。しかし、それに楽観しすぎることもよくない。特にこのような段階になった時に

「両価性を過小評価する」
「過剰な指示を与える」
「不十分な指示しか与えない」

というようなことをカウンセラーがすると、またクライエントは元の状態に戻ってしまう危険性があるのである。

このような危険性をしっかりと理解しつつ、以下のような対応が求められてくる。

「要約する」
「情報や助言を与える」
「目標を定める」
「変わる方法の選択肢を考える」
「計画を立て、要約する」
「変わる決意を引き出す」
「他の技法に移行する」


このような動機づけ面接は、依存や中毒関係の患者に対して特に効果があり、さらに治療の初期に動機づけ面接をするのとしないのとでは改善率や中断率に大きな違いが出てくるようである。

ただ、技術面を主にここでは書いたが、クライエントをカウンセラーの思う方向に持っていくことが動機づけ面接ではなく、クライエントが自分自身の人生の価値に沿った選択をし、より自由に、より豊かに人生を歩めるように援助することが大事であり、その根底にはクライエントに対する共感があることを認識しておかねばならない。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purely0307.blog79.fc2.com/tb.php/387-05e20fe1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。