発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 出生記憶、出生外傷、そして不安(精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D.W.ウィニコット(著) 「出生記憶、出生外傷、そして不安」 1949年
北山修(監訳)“小児医学から精神分析へ-ウィニコット臨床論文集-” 岩崎学術出版社 pp202-227

 出生外傷とはフロイトの弟子のランクが創出した概念であり、出生外傷の分析を行うこと、すなわち分離を扱うことが精神分析の本質であるとランクは言っている。フロイトは当初はその説には反対していたが、後年ではその一部を認めている。そして、出生外傷の概念から分離だけに絞った分析をすることで期間を短くする方向で技法が進み、ランクの分析が今日のブリーフセラピー・短期療法につながったと言われている。ウィニコットはその出生外傷について本論文では考察をおこなっている。

 本論文ではウィニコットは出生はほど良い外傷であり、大多数の場合には特に問題にはならないとしている。そして侵襲があったとしても胎児の時期の準備によってほとんどの場合が乗り越えられると主張している。このため、出生外傷に絞った精神分析と言うのは存在しないとしている。これはランクの主張を真っ向から否定するものである。

 またこの出生外傷の考察から精神分析的な技法にも言及されており、「精神分析作業の過程で起こる追体験においては時間的に一定の順序が維持されている」と記述している。そのことから、精神分析では常に2つ以上のものを扱うことは患者の混乱を引き起こすので、必ず一度に1つのことだけを扱うことが必要であるとしている


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purely0307.blog79.fc2.com/tb.php/376-7bab59b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。