発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 躁的防衛(精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D.W.ウィニコット(著) 「躁的防衛」 1935年
北山修(監訳)“小児医学から精神分析へ-ウィニコット臨床論文集-” 岩崎学術出版社 pp137-158

 この論文によってウィニコットはイギリス精神分析学会の正会員になることができたものである。躁的防衛自体はクラインが作った概念であるが、ウィニコットは躁的防衛の理論を整理し、症例を提示して論じている。ウィニコットは“空想”を“内なる現実”と言い換え、躁的防衛は内なる現実からの逃避であるとしている。

 そして躁的防衛の諸特徴として「内なる現実の否認」「内的現実から外的現実への逃避」「生きたままの仮死状態」「抑うつ感のいくつかの側面の否認」を挙げている。これらは抑うつの中の愛・貪欲・憎しみに対して抱えきれないことから否認・逃避しているのである。その後、ウィニコットは4つのさまざまな症例を元にして躁的防衛について論じている。いずれも抑うつポジションを適切に分析することにより、情緒の発達をうながしうることを例証している。

 臨床でもこのような躁的防衛はしばしば見られるが、単に防衛していることを解釈するのではなく、“何を”防衛しているのかについて考えることで治療的になるのである。その意味でこのウィニコットの論文は非常に役立つように思える。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purely0307.blog79.fc2.com/tb.php/369-948a33ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。