発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 児童部門のコンサルテーション(精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D.W.ウィニコット(著) 「児童部門のコンサルテーション」 1942年
北山修(監訳)“小児医学から精神分析へ-ウィニコット臨床論文集-” 岩崎学術出版社 pp56-77

 ウィニコットは精神分析研究所の児童部門におり、来所した症例と面接をし、週4~5回の精神分析を施行できるのかを判定し、研修生に割り振ることを仕事としていた。しかし、精神分析が隆盛していたこの時代においても精神分析を施行できる症例というのは数が少なく、精神分析を施行できない数多くの症例がいたようである。物理的な条件というのはとても大切で、週4~5回も通うだけの時間と労力を費やせるのかはとても重大な要因であろう。また精神分析とは別の援助方法が必要である症例もあるだろう。

 精神分析が盛んである当時のイギリスロンドンでもこのような状況である。とすると今の日本ではどうだろうか?金銭的に裕福な人は一握りだし、仕事や学校の関係で週4~5回も通院することは現実的には非常に困難である。また、精神分析のようにじっくりと自己を探求することを希望するよりも、早く・簡単に・痛み無く病気を治して欲しいと希望する症例の方が圧倒的に多い。それがダメということではないが、現実的にはそうなのである。

 しかし、ウィニコットはこのような状況を単に嘆くのではなく、精神分析に乗らない症例からさまざまなことを発見していった。そして「分析家にとっては非分析的素材が本当に面白いというのが私の個人的意見である」とまで言っている。ここにウィニコットの極めて臨床的なスタンスが見て取れるように思う。



FC2ノウハウ
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purely0307.blog79.fc2.com/tb.php/354-6f81dc09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。