発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 憲法改正(精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本国憲法の改正について。日本国憲法の全文はこちら

最近はよく憲法改正についての討論番組やニュースが流れているように思う。確か自民党も憲法改正のためのグループを立ち上げたとか聞いた記憶があるが。

確かに憲法は国の在り方を規定する重要部分であるのに、戦後60年以上経っても一度も改正されたことがなく、時代にそぐわなくなってきていることは否定できない。またそもそも今の日本国憲法はアメリカ占領軍によって日本を統治するために作られたもので日本国民の手によって作られたものではない。それを後生大事にしているのではなく、日本国民が自ら作り直すことは必要かもしれない。

今の日本国憲法の内容を見ても、前文のところから主権・領土・国民を自分たちで守ることを放棄しているような内容になっているのはおかしいことだと思う。

特に憲法9条の武力放棄と戦争放棄のところ。平和を愛するという理念は立派だが、実を伴っておらず国際協調の足枷になるだけではなく、国防すらままならず、大変な弊害を被り続けている。

しかし、憲法改正の手続きに高いハードルがあるため、なかなか改正できないというのが現状である。確か衆院と参院でそれぞれ3分の2以上の賛成で発議し、国民投票で半数以上の賛成が必要だったと思う。しかも、その国民投票の制度が昨年まで無かったというのだから驚きである。

衆院の解散がもしかしたら近いとも噂されているが、次回の衆院選は憲法改正が争点になってくるのかもしれない。

というか早く民主党は政権から降りて解散しろ!!(笑)

民主党政権になってから他の先進諸国はリーマン不況からほぼ脱しているのに日本だけが低迷し続けている。これは何の経済政策も打ち出せてない民主党の責任は重い。また夢物語のマニフェストは次々と断念。詐欺と言われても仕方ない。で、それを反省して頑張っているならまだしも、民主党は内輪もめに興じて、日本や国民のための政治や政策を何もしてない。

憲法改正の話をしていて途中から民主党批判になったが、大きくは日本の国益を考えていこうというところでは一致しているかと思う。



FC2ノウハウ
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purely0307.blog79.fc2.com/tb.php/353-99b7f4cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。