発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 臨床心理学における科学と疑似科学(精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 臨床心理学の中には実際には検証されていない理論や技術が当たり前のように使われていることがある。実践と経験が重要であるとは言え、さすがにそれではまずいのではなかろうかと思う。本書ではそうした臨床心理学のさまざまな理論や技術が科学的な見地からどのように扱われているのかについて書かれている。

 アセスメントにおいては、ロールシャッハやTAT、描画といった投影法が検証されているほか、MBTI(ユングのタイプ論を元に作成された質問紙)にも妥当性と信頼性に関して批判が加えられている。

 技法の面ではニューエイジ療法(日本ではスピリチュアルに近いジャンルか?)やハーブ療法、記憶回復療法が取り上げられており、それらに対してもかなり否定的な見解の結論を下している。しかし、一般的な心理療法(認知行動療法や精神分析、来談者中心療法など)については否定的研究・肯定的研究の双方があり、メタ分析の結果など総合的に見て、効果があるのではないかと本書では肯定的に捉えているようであった。

 また、解離性同一性障害(DID)は複数のパーソナリティが並存する障害であり、その病因について心的外傷仮説と社会的認知モデル仮説が検証されている。ただ、DIDに関しては、どういう治療技法が効果があるのかについてはそれほど検証がされていないよう。その他にもPTSD・アルコール依存・ADHD・自閉症といった障害に対する効果が確認されている技法と確認されていない技法のレビューもあった。

 簡単に要約したが、もっと多面的に、重層的に議論がなされているので、実際の細かいところは本書を参照してもらえたらと思うが、本書の全般にわたって貫くスタンスとして、単なる体験談や逸話だけを元に効果や仮説を判断するのではなく、エビデンスベースドに基づいて判断しているのが分かる。どうしても人間の判断にはバイアスやエラーがあるので、それらを如何に最小にし、事実を見ていくためにはこうした科学的な検証が不可欠になってくるのだと思う。たいていの体験は事実の歪んだ形であると思っておく方が良いだろう。そして、クリティカルシンキング(科学的思考・批判的思考)を養うことが大切であることが本書を通して学べることと思う。

 最後に本書で取り上げられているトピックの一覧を挙げておく。

ロールシャッハテスト・TAT・投映描画法・解剖腑分け人形・MBTI・法廷における専門家証言・解離性同一性障害・認知行動療法・精神分析・来談者中心療法・催眠療法・系統的脱感作・ニューエイジ療法・回復記憶療法・悪魔崇拝儀式虐待療法・実在療法・再生誕と再育児療法・PTSD・不安管理訓練・EMDR・思考場療法・非常事態ストレスデブリーフィング・アルコール依存症・アルコール自主更生会・ジョンソン介入法・ジスルフィラム薬物療法・プロジェクトDARE・コミュニティ強化アプローチ・動機付け強化療法・夫婦家族療法・短期介入・ハーブ療法・ADHD・精神刺激薬治療・認知訓練プログラム・サプリメント・ホメオパシー・自閉症・ファシリテイテッドコミュニケーション・感覚統合療法・イルカ介在療法・食事療法・自助療法





FC2ノウハウ
関連記事
コメント
この記事へのコメント
あ、こんなのがあったんですね。

購入を検討してみたいと思います。
2011/02/12(土) 22:35 | URL | ぐうたら三昧 # - [ 編集する]

なかなか面白い本ですよ。
2011/02/13(日) 23:30 | URL | ピュアリー # 6fwIY24o [ 編集する]

ここ10年ぐらい心理療法のみの仕事で心理テストはあまりやっていなかったです。してもMMPI、風景構成法、P-Fstudy、Y-G、SCTぐらいでしょうか。今になって、刺激にもなるし勉強にもなるので、病院ではしませんがWAIS-Ⅲとかの勉強を始めました。今は、MMPIを軸として診断、治療方針の補助の補助ぐらいに使ってます。ロールシャッハは若いころはばかみたいにやってましたが、患者さんの負担を考え出して全くやっていません。神田橋先生曰く「負荷実験」と感じています。
purely先生はどのようなtestをなさっているのでしょうか?
2011/02/21(月) 23:34 | URL | tateyama # - [ 編集する]

僕は最近は自分ではあまり心理検査をしてなくて、主に院生や実習生にしてもらい、そのSVをよくしています。で、心理検査をするときには、何をするのかを医師のオーダーに応じて個別にバッテリーを組んでいます。最近はWAIS-3などは多いですね。境界例やさまざまな疾患の背景要因として知的能力の問題・発達の問題が潜んでいることが多いので。
2011/02/22(火) 01:04 | URL | ピュアリー # 6fwIY24o [ 編集する]

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purely0307.blog79.fc2.com/tb.php/350-8e601000
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。