発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 うつと不安の認知療法練習帳(精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 患者さん向けの認知療法のガイドブック。認知療法に基づくアセスメントから認知再構成法、問題解決技法まで基礎知識なしで取り組めるように平易に書かれている。その為、患者さんはもちろん、これから認知療法を学び始める治療者にも役立ちそうな内容である。

 また、本書にはさまざまなワークシートも掲載されており、実際の臨床でそれを使用することもできる。ただ、掲載されているうつ評価表と不安評価表の出典がなく、カットオフポイントがあるのかないのか、また妥当性と信頼性はどのようなものかが分からないところが使う上で心配になるところではある。

 あと、本書では4人の架空の事例が登場し、それぞれが認知療法にどのように取り組んでいるのかが例題的に書かれている。しかし、一人が虐待によるPTSD、一人がアルコール依存というかなりの重症例が載せられていた。こういう重症例でも効くということを主張したかったのか。

 本書の姉妹編として「うつと不安の認知療法練習帳ガイドブック」があり、こちらは治療者用のテキストとなっているよう。またこれも読んでみたいものである。



FC2ノウハウ
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purely0307.blog79.fc2.com/tb.php/341-ffea5f38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。