発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 認知行動療法100のポイント(精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 認知行動療法はマニュアル化が進み、それに沿ってある程度は施行することができる。しかし、実際の臨床ではマニュアル道理に進まなかったり、不測の事態が起こったりするものである。そうした認知行動療法を施行していく上で、細々とした問題にどう対処をするのかといった観点から本書は構成されている。実際の非適応的思考の発見の仕方から、治療者自身の抵抗なども取り上げられており、まさに痒いところに手の届くようになっている。

 その為、本書はある程度は認知行動療法の基本を学び、施行している人が読むと大変良いように思う。また、ボリュームも多いし、100項目がそれぞれ独立して書かれているところもあるので、全てを一気に読むより、必要なところをピックアップして読んでも役立つと思われる。



FC2ノウハウ
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purely0307.blog79.fc2.com/tb.php/333-2e7ebf06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。