発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 EMDR(精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 EMDRとは眼球運動など両極性の刺激を与えることによって外傷記憶に伴う感情・認知・身体反応を処理していく比較的新しい心理療法である。そして本書はそのEMDRの手続きマニュアルやこれまでの研究結果を包括的に収められており、EMDRを習熟していく際の必須のテキストである。

 1章と2章ではEMDRの歴史的背景や治療機序の説明があり、3~8章で標準的なEMDRを志向する上での手続きが記されている。9章では標準的な手続きを超えた状況での対処方法が、10章では認知の編みこみというさらに高度なテクニックの紹介がなされている。10章ではPTSDやそれ以外の疾患に対する適応について、12章ではEMDRの理論的背景と効果についての網羅的な研究が紹介されている。さらには、付録として5つのEMDRを施行する際に活用できるリソースが付け加えられている。全部で500数ページにも渡る大著で、読み通すだけでも多大な時間と労力が必要となっている。逆に言うとそれだけ盛りだくさんの情報が載せられているということである。

 EMDR国際学会という組織があり、EMDRを臨床で使うためにはEMDR国際学会の基準に準じたトレーナーによる研修会を受講することが絶対条件である。そしてその研修会に参加するためには、一定の精神保健分野の資格と臨床経験が必要となる。日本ではEMDRの研修会を受けるためには医師か臨床心理士の資格を持っていなければならない。それ以外の者が研修会を受けることもできないし、ましては本書を読んだだけでEMDRを施行することも倫理的に許されないことである。ちなみにこの研修会は年に数回日本全国で実施されているが、いずれも盛況でほぼ満員であるとのことである。

 EMDRの施行であるが、眼球運動でトラウマを消す、という世間のイメージが強いように思うし、僕もそうであった。しかし、実際のEMDRは眼球運動だけではない刺激を用いるし、トラウマがそれで消えるわけではない。トラウマによって引き起こされた記憶の滞りや、不合理な認知や感情を元に戻していく方法である。なので、トラウマが消えるわけでも、記憶が無くなる訳でもない。トラウマによって隔離され、健全に統合されなかった記憶とその周辺機能をEMDRによって自然に戻していくだけなのである。

 以上のようなことが網羅的に・包括的に記載されているのが本書であるが、至るところに犯罪被害などの悲惨の経験をした事例が載っており、シビアな気持ちになってしまうところもあった。また、アメリカの独自の事情もあるだろうが、ベトナム戦争から帰還した元兵士の治療にこのEMDRが使われていることが多く、本書でもその事例が多く載せられていた。日本ではそのような帰還兵についての治療がほとんどないというのが現状なので、あまりリアルにその事例を見ることは出来なかった。



FC2ノウハウにも掲載されています
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purely0307.blog79.fc2.com/tb.php/328-7644dc04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。