発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 ホメオパシーの論理(精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホメオパシー信者がよく使うレトリックとそれに対する批判方法まとめ。ホメオパシーだけではなく他の民間療法・代替医療についても同様のことが言えるかもしれません。

●ホメオパシーは200年の歴史があり、多数の人が使っている。効いたという体験談も多い。だから効果があるんだ。



歴史が長いことや多数の人が使っていることが効果があるという証拠にはなりません。また体験談もプラセボの体験談の積み重ねであるかもしれませんので、それをもって効果があるとはできません。

もし効果があるとしたいのであれば、きちんとした実証研究をして根拠を示すべきです。

●イギリスでは保険適用をされている。



イギリスでは保険適用が続いていますが、効果があるからが理由ではありません。イギリス議会ははっきりと効果はないと断言しています。ただ、使用している人が多いので、すぐに保険適用から外すと混乱が起こる為に適用を継続するとしているだけです。

●ホメオパシーの原理は今の科学では解明できないが、科学が発展すれば解明できる。



その論理はオカルトそのものです。「科学が発展すれば」ということで反証可能性がなくなってしまってます。

●ホメオパシーは害がないから安全だ。



毒を何万倍も希釈すれば化学的には害はないかもしれません。しかし、それによって必要な医学的処置を受けることから遠ざけられると、それは害になります。

●ホメオパシーの科学的効果がないことをちゃんと理解して使うなら問題はない。



その通りです。しかし、判断能力の低い児童や乳幼児は科学的事実を理解することが難しいです。そういう人に使うのはダメでしょう。またそうでなくても、他者に処置としてホメオパシーを行うことは慎むべきです。特に医療者はそうであるべきです。

中には現代医学では不治の人もいます。そうした人は藁にもすがる思いをしています。そういう人の足元を見て、ホメオパシーを処置するのは倫理的に大きな問題です。

●ホメオパシーの他の民間療法や代替医療の全てを否定するのか。



しません。それによって何らかの心の平穏や気持ちを落ち着きがもたらされている人もいるでしょうから。しかし、それはプラセボだからであり、その民間療法の効果であると嘘の情報を流してはいけません。



FC2ノウハウにも掲載されています
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purely0307.blog79.fc2.com/tb.php/322-db3fe3a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。