発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 羨望と感謝(精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メラニー・クライン(著) 「羨望と感謝」 1957年
メラニー・クライン著作集5巻 ”羨望と感謝” 誠信書房 pp3-90

 クラインはいくつかの重要な概念を提出しているが、この羨望はその中でも最後のものとして有名である。良い対象であるからこそ、それに憧れを抱き、同時に怒りも持つ。自分にはないものを持っているという気持ちが対象破壊的な欲動を動かすということなのであろう。さらに、クラインは羨望を嫉妬とは区別している。嫉妬とは三者関係の中における情緒であり、羨望は二者関係におけるそれである。そういう意味でより原初的な欲動の一つと言えるのかもしれない。

 これは臨床場面でもよく見られるもので、患者は治療者を何でも知っており、自分を万能的に助けてくれる良い対象であるとみなすことが多々ある。それが悪性の退行や依存を引き起こし、治療を破壊してしまうこともあれば、羨望が掻き立てられ、治療者に対する怒りや攻撃性が噴出し、これもまた治療を破壊してしまうこともある。

 クラインはこれらの羨望の分析の必要性とその困難さについて本論文で述べており、それは非常に説得力のあるものであった。しかし、反面、羨望の肯定的な側面についてはそれほど多くは述べられていなかった。それは、羨望があるからこそ、そこに憧れを抱き、他者を取り入れ、成長していく礎にもなるところはあるだろう。それには、この羨望に押しつぶされず、生き抜くことが求められる。治療者は、患者の羨望はもちろん情緒的なリアリティを持つものであるが、万能感に基づいた幻想や投影であるという理解も片方では持ち、転移として扱っていくことが必要であろう。というのも、治療者というのは患者が思うほど万能的でも、理想的でもなく、普通に失敗もすれば、感情的にもなり、恣意的な介入しかできない存在である。そのような現実を直視し、万能感を手放す悲しみを共有していくことが羨望を扱う一つの道筋になるのかもしれない。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purely0307.blog79.fc2.com/tb.php/310-63309cb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。