発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 幼児の情緒生活についての二、三の理論的結論(精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メラニー・クライン(著) 「幼児の情緒生活についての二、三の理論的結論」 1952年
メラニー・クライン著作集4巻 ”妄想的・分裂的世界” 誠信書房 pp77-116

 クラインはフロイトに比べて早期の乳幼児の心の在り方や発達についてきめ細かく理論化しているところに魅力と臨床的な意義がある。生後2~3ヶ月までの妄想分裂ポジションと、生後半年ぐらいの抑うつポジションの、それぞれの移り行きや変遷について本論文では細かく説明されている。

 乳幼児の心の在り方は、大人の重症な病理と大変似通った性質を持っており、その為、乳幼児の心を理解することにより、重症ケースの理解と治療に役立てることができるのである。フロイトの時代にはヒステリーや強迫神経症といった神経症水準のケースが多かったが、時代が下るにつれて、社会的な要請もあっただろうが、境界水準や精神病水準のケースが多くなってきたという背景もあるのかもしれない。クラインの早期乳幼児の理論により神経症よりも重たい水準の患者に対する精神分析の道が開かれたといっても過言ではないだろう。

 さらにこのクラインの発達理論を元に、病理的組織化の研究によりさらに対応が難しい患者への理解と治療の道が開け、自閉・接触ポジションの研究により発達障害の精神分析治療にも道が開けて行ったのである。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purely0307.blog79.fc2.com/tb.php/298-fef8ae17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。