発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 不安と罪悪感の理論について(精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メラニー・クライン(著) 「不安と罪悪感の理論について」 1948年
メラニー・クライン著作集4巻 ”妄想的・分裂的世界” 誠信書房 pp33-54

 クラインがこれまでの構築した攻撃性―不安―罪悪感といった一連の理解を要約し、まとめた論文。その為、ある程度分かりやすく、整理されて書かれている。反面、特に新しい概念が追加されたり、理論が進展したりということはあまりないよう。

 クラインはフロイトの死の本能を取り上げ、そこから派生する不安などを整理している。しかし、フロイトのいう死の本能とクラインがいうそれとは多少の違いがあるようである。すなわちフロイトのいう死の本能は生命体が消滅の方向にヒタヒタと静かに人知れず突き進んでいく不気味なものを想定していたのに対し、クラインは死の本能を攻撃的で活動的でサディスティックで、大変動的なものとしているようである。まさに赤ん坊がワー!と泣き喚くような大変激しいものがイメージされる。

 そしてクラインは、それらの死の本能が他者に投影される時、自らの死の本能が自らを攻撃してくる時、迫害的な不安を感じ、死の本能は自分のものであると認識し、それが他者を破壊してしまっているのではないかというときに抑うつ不安を感じるとしている。すなわち、迫害的不安から抑うつ的不安に変わる時、罪悪感が現れるとしている。これはフロイトがエディプスコンプレックスの結果として罪悪感が形成されるとしたこととはかなりの相違があり、フロイトが考えるよりも早期に罪悪感が形成されるとクラインは見ているようである。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purely0307.blog79.fc2.com/tb.php/293-c267e414
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。