発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 子どもにおける良心の早期発達(精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メラニー・クライン(著) 「子どもにおける良心の早期発達」 1933年
メラニー・クライン著作集3巻 ”愛、罪そして償い” 誠信書房 pp3-14

 フロイトは1920年の「集団心理学と自我の分析」と、1923年の「自我とエス」において、超自我の概念を作り、ここで精神分析における構造論が完成した。そして、クラインはこの超自我の概念をクラインなりにアレンジし、クライン学派という一大グループとなっていった。

 そのアレンジとは、フロイトは超自我を5歳以降のエディプスコンプレックスの解消と共に成立するものとしていたが、クラインはそれ以前の乳幼児期から超自我は存在するとした。また、フロイトの言っている超自我とは多少性質も違い、クラインのいう超自我は大変破壊性が強く、厳しく、過酷で、乳幼児の自我を圧迫し、強い不安を押し付けるものとしたのである。またその過酷な超自我はもともとは乳幼児のサディズムに端を発しており、サディズムが強ければ強いほど超自我も強くなるのである。さらに、さの超自我は外界にも排出され、それは迫害的・被害的な不安をも喚起するのである。そして、フロイトは超自我を父親からの取り入れとして記述していたが、クラインは過酷な超自我は親の性質に似ているが、基本的に生得的に備わっているものとしているようである。そして、反社会的・犯罪的な行動は、一般に理解されているように、超自我の欠如によるものではなく、逆に超自我が強いがゆえに起こるとしている。このことから、分析の目的は、過酷な超自我からの圧迫を低減させることにあるとしている。

 この辺りのアイデアが現代的なクライン派・対象関係論といった精神分析にも受け継がれており、自我心理学と一線を画するところとなっているのは明白である。精神分析の中で、この超自我を転移の文脈に応じて解釈していくことにより、超自我の圧迫は力を緩め、患者本来の制止されていた、押さえ込まれていた欲動が自然な形で扱えるようになるのであろう。まさにここにワークスルーが展開すると思われるのである。

 確かに僕自身の臨床を振り返っても、重篤な患者になればなるほど、超自我の圧力が強かったり、迫害的な心性を持ち続けることが多いように思う。なかなか最早期にまでさかのぼる分析をすることは難しいのであるが、このような理解を背景にもっておくことによって、心にスペースを持ちながら対応することができるように感じる。

 さらに、この論文の最後でクラインは精神分析の未来についても語っている。クラインは「分析によってすべての攻撃衝動を消去することは出来ない」と前置きしつつも、「人間の生活全体へと及ぶべく運命付けられている」と言ったり、「学校教育と同じように子どもの精神分析が育児の一部となる」と言ったり、かなり精神分析を万能的・魔術的に捉えているようであった。もしくはマニックになっているのかもしれない。残念ながら2009年現在ではクラインが想像したようなユートピアは作られていないが、クラインが見出したサディズムとそこから生じる過酷な超自我/迫害不安は現代の精神分析や心理臨床に大きな貢献をしているのは事実である。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purely0307.blog79.fc2.com/tb.php/277-2570fa8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。