発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 2章 早期分析の技法(精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 この章では実際の遊戯療法・遊戯分析・早期分析について具体的に述べられている。最初に分析室の構造について説明されており、低いテーブルの上に、紙・ハサミ・鉛筆・小さな木でできた男女・馬車・自動車・汽車・動物・積木・家などがあるようである。大人の普通の分析室にちょっとしたおもちゃをいくつか置いたぐらいもののようであり、大人とは大きく違わないようである。クラインは第1章「児童分析の心理学的基礎」で述べているように、大人の精神分析と児童の精神分析は同じであると述べていることをまさに実際に行っているのである。

 ここから分かる通り、日本で一般的に行われている遊戯療法のように、広いプレイルームにたくさんのおもちゃが山のようにあるのとは全く異質のようである。人生ゲームやストラックアウト、お絵かき先生、時にはゲームウォッチなど多彩で機能がたくさんついているゲームから、実際に乗れる小さい自動車や三輪車、大きなボールもあったり、所によっては砂場やボールプールなどもあり、ちょっとした遊園地みたいにもなっている。

 これらのプレイルームの構造のどちらが良いとか悪いとかはないかもしれないが、日本式の多彩なおもちゃがたくさんあるプレイルームであると、刺激がたくさんあり、遊びが拡散していく傾向があるように感じる。またおもちゃも多彩ではあるが、ゲームルールや使用方法が決まっているものが多く、それに従った遊びになり、自由度が低くなり、クラインが言うように無意識が遊びの上に展開する、といったことにはなりにくいかもしれない。もちろん、日本式でも人形はあるし、遊びによってはそこに様々な意味を汲み取ることもできるし、ケースによっても変わるだろうから、一概にこうであるとは言い切れないところもあるのだが。

 そして、内的構造として、解釈の仕方について詳細に述べている。クラインは分析の初期から深層に達する解釈をしていくことが必要であるとしており、そのことを通して不安を抱え、解消していくことができると説明している。当時はこの部分でアンナ・フロイト流の自我心理学との違いを明確にし、大論争にまで発展した部分であるのだろう。しかし、何が深層で何が表層なのかは全く分からないが、クラインも遊びの中に出てきている不安を単に解釈しているだけであるし、その不安がたまたま根源的なものを含んでいたということなのであろう。そして、それが今は緊急的に取り上げることが必要とその場で感じ、考えた末のことなので、そこまで自我心理学が毛嫌いするほどのものであるようには僕には思えなかった。

 さらに陽性転移よりも陰性転移を主に取り扱うといった記載もあり、これは確かに臨床的には至極当然のことと思える。陰性転移を放置することは、患者の治療へのモチベーション低下につながることであるとともに、そこにこれまでの不安や傷つき、怒りといったビビッドな感情が含まれているので、それを取り扱うことは大切なことであると思う。ただ、もっと言うと、陰性転移の裏には陽性転移が、陽性転移の裏には陰性転移があり、そのどちらも扱う必要はあるだろう。そして、それがいきつくと、転移を陽性・陰性と明確に区別ができるものではなく、まさに「転移」としか呼べないものがあるだけだと思う。

 そして、クラインは最初から精神分析に導入できないケースについても言及していた。その場合、非分析的な方法も取ることがあるとしており、プレイに入れない子どもに第三者の同席を許したり、クライン自身が先におもちゃで遊び始めたりすることもあるようである。さらには、子どもに対して、元気づけ、励まし、慰めをすることもあったようで、過度に精神分析にこだわるクラインとは多少印象が異なるようであった。クラインに対する僕の印象は恐いおばさんで、分析以外のことは絶対にしないという固いイメーズがあったのだが、どうもそうではないのかもしれない。このあたりのクラインの技法の融通性は後のパラメータという概念に発展していくのかもしれない。

 また最後に、クラインはP39の脚注で火遊びとおねしょの関連性についても触れていた。そういえば、僕が小さい頃に親から「火遊びをするとおねしょをするぞ」と注意されたり、火で遊ぶ夢を見るとおねしょをすると言われたりしたようなかすかな記憶がある。日本の親はこういう注意をよくするのかどうか分からないが、クラインのこのような所見をもしかしたら日本の親(or僕の親)はしつけの中に取り入れていたのかもしれないと思うと、密かな影響力をクラインは日本に与えていたのかなとも思ったりするが、本当のところはさだかではない。

<目次>

第1部 児童分析の技法

 第1章 児童分析の心理学的基礎
 第2章 早期分析の技法
 第3章 6歳の少女における強迫神経症
 第4章 潜伏期における分析の技法
 第5章 思春期における分析の技法
 第6章 子どもの神経症
 第7章 子どもの性的活動

第2部 早期不安状況と子どもの発達に対するその影響

 第8章 エディプス葛藤と超自我形成の早期の段階
 第9章 強迫神経症と超自我の早期段階との関係
 第10章 自我の発達における早期不安状況の意義
 第11章 女の子の性的活動に対する早期の不安状況の影響
 第12章 男の子の性的活動に対する早期の不安状況の影響

 補遺 児童分析の範囲と限界




関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purely0307.blog79.fc2.com/tb.php/263-94535971
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。