発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 逆転移のなかの憎しみ(精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D.W.ウィニコット(著) 「逆転移のなかの憎しみ」 1947年
北山修(監訳)“小児医学から精神分析へ-ウィニコット臨床論文集-” 岩崎学術出版社 pp228-240


 心理療法をしていると患者はしばしば治療者に対して気を使い、遠慮をし、言いたいことを抑えます。言うなれば治療者に対する恐怖があるのです。僕自身が教育分析(個人分析)を受けていた時にも確かにそういう気持ちはありました。

 しかし、治療者は患者のすべてを受け入れる「べき」だ、優しく接する「べき」だ、そして常にそれを実行できている、と思っている節があります。

 だから、患者が治療者に対して気を使ったり、恐怖を感じるのは、治療者が優しくすることに失敗しているか、それとも患者が不合理な物の考え方や歪みをもっているからだと理解してきました。その為、治療者は優しくしようと努力をしたり、病院や大学、相談センターという権威に対する従順性や恐怖という文脈から患者を理解したり、転移に表れた無意識的ファンタジーとして取り扱ったりしてきました。

 そういう中で、ウィニコットの1947年の論文「逆転移のなかの憎しみ」を読みました。

 ここでは重い病理を持つ患者に出会うと治療者は憎しみを感じるものであり、それは母親が子どもに対して持つ憎しみと同じものであるということを議論しています。そして、憎しみを持つことがダメなことではなく、憎しみを持つことは必然のことであり、それこそが深い治療を体験している証拠であるというようなことを言っていました。そして、治療者が報復することなく、患者を憎み続けることができることが治療の成否を左右するとまで言っています。

 これはすごいことだと思います。

 一般的に治療者は、優しく、有能で、懐が深く、何でも受け入れる万能的なイメージを持たれる事が多いし、事実、患者はそれを求めて来ているところもあります。しかし、実際には治療者は様々なネガティブな感情を感じ、否定的な気持ちを患者に向けることもあります

 最初に患者が治療者に恐怖を抱くと書きましたが、もしかしたらそれは治療者のそういう憎しみをどこかで感じているからではないかとも思います。ウィニコットは重い病理の患者は同一化する能力がないから、治療者の憎しみを知覚することができないと言っていますが、上記の治療者に対して恐怖を持つ患者は神経症レベルの患者なので、もしかしたらどこかで治療者の憎しみを知覚しているのかもしれません。

 そして、これらの感情をワークスルーすることを考えるよりも、憎しみを憎しみとして体験し続けることにこそ治療意義があるのかもしれません。広い意味ではこれもワークスルーと言えるのかも知れませんが。

 なかなか考えさせられる論文だったと思います。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
憎しみってどんな感じなのでしょうね。嫉妬とか罪悪感も含まれているのかなって思いました。
心理職に就く方はやはり人の痛みに寄り添いたい気持ちも強いでしょうし、そういった憎しみを抱きやすいのかなとも。

患者側は治療者に対して「こうあってほしい」とつい思ってしまいますね。
でも慣れてくると、医師やセラピストの様子がいつもとちょっとだけ違うと(やたら切り込んでくるとか、やたら前例に照らしてるっぽいけど(患者の勘)ちょっと違うねん!とか、単純に疲れてるでしょ?な時とか)「ま、仕方ないな先生も人間だし~」とかになってきます。ロジャース系の方のとこ行って息抜き?してくることもあります^^;前のエントリじゃないですが、治療者さんもスーパーヴィジョンしてらっしゃいますもんね(←言い訳)
話逸れましたが、やたら力入ってるなって時、「ここ思い入れ強いポイントなのかしら」って思う時はありますよ。でもそれが「治療者の憎しみの知覚」なのかまでは分かりませんが。私はやっぱり「権威への恐怖」のほうが多いかな・・・

それより「患者が知覚しているかも」と思われていることのほうが興味深いです。なんだか、お互いそうやって投影し合っているのでしょうか。
2009/03/29(日) 16:39 | URL | あづみ # ./qA1Ad6 [ 編集する]

治療者が患者をよく見ているのと同様に、患者も治療者をよく見ているというのはあるかもしれませんね。治療者の一挙手一投足をつぶさに観察して、色々と空想を膨らませるのだろうと思います。それを転移ということもできるかもしれませんし、事実の知覚とも言えるかも知れません。まー、たいていは転移と事実の近くの半々なのでしょうが。
2009/03/30(月) 07:47 | URL | ピュアリー # 6fwIY24o [ 編集する]

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purely0307.blog79.fc2.com/tb.php/253-cbca1760
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。