発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 抑うつと自己開示の臨床心理学(精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 自己開示の概念も抑うつのそれも心理学や精神科学の中ではとても重要なものであり、色々な方面で研究がされてきているようである。そして、この二つの概念を絡めた研究も多数である。それは本書の序章でレビューされているのを見るだけでもかなり膨大だと分かる。

 本書ではその膨大な文献をレビューした上で、その因果関係がまだ明確にされていないので、明確にしていくことが目的であると書いている。そして、後半にはそれを記述的研究から実証的研究、さらには臨床実践を通して明らかにしていっている。それらをあきらかにする研究は6つほどあり、これらをすべて一人で行ったということは大変苦労も多かっただろうと推測される。

 さて、本書で抑うつの人の自己開示は不器用なものが多く、それが抑うつを促進させているというところがザックリとした主旨である。しかし、なぜ抑うつの人の自己開示は不器用なのかということに関しては、認知的な歪みがあるからと簡単に記しているだけで、それ以上は明らかにされていなかった。著者自身はCBTをオリエンテーションとする臨床家であり、研究者なので、結果や効果といったことに主眼を置いているからだろうとは思うが。しかし、僕としてはその抑うつの人の歪みって一体何なのだろうか?それはどこから来ているのだろうか?ということがどうしても疑問に思ってしまう。もしかしたら、これまでの研究で明らかにされていることなのかもしれないが。

 臨床をしていると、変な自己開示をしてしまうクライエントは確かに多いような気がする。そういうのをあまり明確に定義付けることなく、守りが弱いとか、バウンダリーが曖昧、といったことで理解していたが、本書を読んで、そのあたりの事をもう少し明らかにしていきたいと思うようになった。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purely0307.blog79.fc2.com/tb.php/248-a8e552a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。