発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 精神病の精神分析的アプローチ(精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 精神病にはセラピーは効果がないどころか悪化させるものである、というのがこれまでの精神医療の現場で言われてきており、薬物療法の他にできることと言えばSSTのような訓練ぐらいのものと言われてきた。しかし、たが、最近ではそうではないということが徐々に認識されてきているように思う。認知行動療法の世界でも妄想を直接扱うような治療技法も開発されてきていると聞いている。

 本書では精神分析的な観点から精神病のセラピーを論じており、その中心的な病理を、妄想や幻覚などの陽性症状でも、無気力や荒廃といった陰性症状でもなく、精神病性不安としているところに極めて高い臨床的価値を見ることができる。この精神病性不安をどのように扱い、受け止めていくのかがセラピーの鍵となることがいくつもの個所で触れられている。

 この精神病性不安を扱う一つの方法として器官言語による解釈がもっとも興味引かれるところである。器官言語の詳しいことは本書を読んだら分かるが、簡単に言うと、人体の各器官の名称を用いて解釈を行っていくということである。たぶん、(乳幼児を除いて)一般の人や日常の中ではほとんど使うことがないと思われる。それは日常では高度に抽象化した言葉(機能言語)でのやりとりが可能であり、器官言語を使う必要がないからである。しかし、そういう抽象化能力が育っていない・疎外されている精神病の人(and乳幼児など)では、そういった機能言語は理解しがたいもののようである。その為、治療者も器官言語を用いて解釈することが求められるようである。

 精神病だけではないが、精神分析的なセラピーをする場合には、「理解」と「交流」という二つの事柄が必要になってくると思う。精神病のセラピーでは、精神病者の具体化された思考などにより理解するということが極めて難しくなってくる。その上、ビビッドな交流が活発に行われ、逆転移が容易に賦活しやすい状況となる。理解がないのに交流が起こり続けるというのは治療者にとっては強い不安を喚起するものである。その強い不安を防衛するために、「あの人のいうことは妄想である」とか「あれじゃ社会復帰はできないね」などとレッテルを貼り、自分と彼らを別世界の住人とし、不安を感じないようにしてしまうことが治療者に起こってしまいやすいのである。そうなるとセラピーがセラピーでなくなり、単なる治療者の時間つぶしか自己満足になってしまう。しかし、この具体化された思考やその背後にある精神病性不安を理解し、器官言語を通して患者に伝えていくことにより、「理解」ということができるようになり、それとともに「交流」がとても意味深いものとなっていくのではないかと思われる。これらのことを理解していくための参考に本書はなっていくと思う。

 最近では精神病者とのセラピーを経験することが少なくなってしまい、ビビッドに本書を追体験していくことは難しいところもあった。それでも、神経症やパーソナリティ障害の患者と関わるなかでセラピーのある局面では精神病的部分が治療関係の中で前面に出てくることはある。その時に、精神病というものを感じることはできるし、その時に今ここで何をすべきか、何ができるか、どう抱えていくのか、ということはとても重要なトピックである。これらのことを本書を読むことによって、一つの指針ができたようにも思う。もちろん、ケースにそのまま当てはめるということではないが。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
お?訳本じゃないですね。日本でも徐々に関心が持たれ始めているんですかね。

アメリカやヨーロッパ圏の分析界では、統合失調症を始めとした精神病に対する分析の治療研究は1950~60年代が最盛期で、徐々に境界例や自己愛障害といった、いわゆるパーソナル障害へ研究の比重が移っていった、という歴史があるんですね。なので、こちらでは、50~60年前から、古典学派以外の学派で精神病の精神分析治療は当たり前のように行われてきています。

日本のこの傾向、精神病患者の分析をしている者としては嬉しいですね:)
2008/11/26(水) 22:42 | URL | Hans # g6vs/Cb2 [ 編集する]

そうですね、純和製の本ですね、これは。

記事の最初の方で書いたように、今まで統合失調症に心理療法はしない・できない、という常識があったのだけど、最近はかなり代わってきているような印象があります。それは精神分析でもそうだし、精神分析以外でもそうだと思います。時代の流れと言うものなのでしょうか。

行動主義の台頭で一時、精神分析が衰退しかけた時期もありましたが、パーソナリティ障害の患者において、その理解と治療をターゲットに精神分析が復活した時期がありましたね。マスターソンとかカーンバーグとかの時代かな。その礎石から現代では実証的にも精神分析のパーソナリティ障害への有効性は認識されてきてますね。精神医学会のパーソナリティ障害治療のガイドラインでも転移の扱いなんかもきちんと触れられていたように思います。

パーソナリティ障害の精神分析的な研究は、もちろんこれからも発展していくでしょうが、それ以外にももう一度、ローゼンフェルドやビオンなどの時代に見出された精神病の知識をさらに発展させていく時期なのかもしれないですね。

Hansさんの帰国を心待ちにしています(笑)
2008/11/28(金) 08:59 | URL | ピュアリー # - [ 編集する]

イギリスではスィーガル、ローゼンフェルド、ビオン、アメリカではスポトニッツ、サールズ、オグデン、モデルらが、精神病に関する多くの研究成果を残しているので、この辺りがもう一度見直されるといいですね。さらに、精神病の分析が見直されると、グループ分析の方も見直され始めるとなお嬉しい:)

クラニアンにはいい精神病の治療者・研究者がたくさんいるので、ピュアリーさんもこれからはまっていくかもしれませんね;) ちなみにご存知だったらでいいんですが、日本の分析家で精神病を専門に見ている人って誰かいらっしゃるものなんですかね?
2008/11/28(金) 20:37 | URL | Hans # g6vs/Cb2 [ 編集する]

そういえば、今日の分析セミナーで高橋哲郎先生がグループ分析の話をしていました。先生はずっと精神病のグループをしていたようですから、なかなか真に迫る話でした。

で、精神病を専門に見ている分析家ということですけど、僕はあまり知らないです。この本の著者の一人である東中園先生は精神病の研究はしていたと思いますが。確か東中園先生は松木先生のお弟子さんでクライン派だったかな。現代のエスプリの何かの特集でローゼンフェルドについて書いていたと思います。

他にはパッと思いつかないです・・・
2008/11/30(日) 18:55 | URL | ピュアリー # 6fwIY24o [ 編集する]

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purely0307.blog79.fc2.com/tb.php/240-2d1047ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。