発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 現代フロイト読本2(精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 現代フロイト読本1の続刊。フロイトの著作の主に後期のものが取り上げられています。フロイトは臨床実践を通して常に精神分析理論を改訂しつづけてきました。後期の代表的な改訂はやはり性欲論中心から自我構造論中心への移行や、死の欲動の導入だと思います。また文化論や宗教論、芸術論といったジャンルの著作も増えてきて、精神分析が臨床だけではない広がりも見せ始めています。

 また、フロイトの精神分析の広がりとともに弟子が増えつつあり、精神分析ファミリーが形成・発展されてきたのもこの時期でしょう。そして、それにともなってフロイトの臨床対象は病理をもった患者ではなく、精神分析家を志す臨床家への教育分析・訓練分析が中心になっていったと本書のどこかで書いていました。この比較的健康度の高い人たちとの分析実践が逆転移の軽視につながっていったのかもしれません。というのも、フロイトは逆転移というものをあまり治療の害になるものという理解をしていたように思われます。しかし、神経症以下の重症度の高い患者の場合には逆転移を通して理解することでよりプリミティブな心性が理解できるということが現代的には言われています。フロイトが精神病の精神分析は不可能、あるいは難しいとしたのはこの逆転移というものを軽視していたためと思われます。逆転移を使うということはそれだけ自分自身が分析を徹底的にされている必要がありますが、フロイトは創始者だけにそういった分析を受けることができなかったという状況的要因も無視できないかとは思いますが。

 フロイトの精神分析はさまざまな面があり、アイデアの宝庫と言えます。現代は精神分析は様々な学派に分かれていますが、いずれもフロイトの理論のどの部分を強調・発展するのか?から出発しています。たとえば、クライン派やラカン派は死の欲動を強調しているし、自我心理学派は自我構造を強調しています。中間学派などは母子関係や転移などを強調しています。

 また精神分析の学派以外でも、フロイトの精神分析を否定したり、乗り越えたりして発展してきています。ユングなどはフロイトの無意識論を否定し、集合的無意識の概念を発展させてきました。アドラーは性の欲動を否定し、権力への意思といった概念を発展させました。ロジャースはフロイトの権威的解釈といったものを否定し、共感的態度を発展させました。行動療法などはフロイトの無意識論を否定し、学習理論といったものを発展させました。精神分析の学派だけでなく、現代にある様々な学派はフロイトを叩き台にして発展してきたということです。

 こうしてみると、精神分析は肯定されるにせよ、否定されるにせよ、それだけ情緒的な反応を引き起こすものなのかもしれません。1924年の「精神分析への抵抗」という著作でフロイトは、精神分析は人間が回避してきた事実を取り扱っているからこそ情緒的な抵抗が起こる、といったようなことを書いていたように記憶しています。それからすると、精神分析を叩き台として様々な学派が誕生していったことは納得できることのように思います。ちなみにフロイトの時代の精神分析の方法は治療回数や象徴解釈中心だったことを考えると知的洞察が主だったようなところもあるようです。治療の中では知的な反応が多かったのかもしれませんが、精神分析外には感情的反発があったことを見ると、フロイトの方法がある種情緒的なものを刺激するところもあったのかもしれません。

 本書に戻りますが、本書でも各著者はフロイトを否定していたり、肯定していたりしています。フロイトに対して葛藤的であったり、アンヴィヴァレントであるところもあるように感じました。フロイトの著作に触れるということは知識を得ることが目的ではなく、そこでフロイトと対話し、自らの臨床を振り返るということが重要である、ということがどこかで書かれていたように記憶しています。これはまさしくその通りだと思う反面、この態度そのものもフロイトとの微妙な距離を取り、フロイトとの葛藤を巧妙に隠しているようにも思うのは僕の天の邪鬼さのゆえでしょうか。どちらにしても、臨床家になった時点で、精神分析を志す・志さないのどちらにしてもすでにフロイトに対する転移が起こっているといっても言い過ぎではないように思います。転移を通して自分を知るということもあるので、これはこれで良いのかもしれません。フロイトを読んで精神分析を肯定する人もいるし、否定する人もいる。フロイトを読まずして肯定する人もいるし、否定する人もいる。その読む、読まないということそれそのものが転移であり、エナクトメントでもあるのかもしれません。

 本書のレビューを超えて、僕の精神分析観を書いてしまいましたが、本書は単にフロイトの著作の紹介といったレベルを超えて、各著者がフロイトの著作を目の前にして、何を感じ、何を考えたのかを自由連想風に語っているところが本書の魅力であると思います。そういう意味では単に精神分析の知識を得るテキストとしては期待しない方が良いと思います。また、本書はもちろんのことフロイトの著作を底本にしているので、フロイトの著作をある程度読んだ後に読むほうがいろいろと連想が湧くように思います。先に本書を読むと、フロイトの各著作を先入観を持って読んでしまう恐れもあるかもしれません。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
現代学派が死の欲動を強調していることも書いてくださいよ~(笑)ちなみにラカンはどうでしょうね、クラニアンと現代学派の死の欲動の捉え方は非常に似通ってますが、ラカニアンは「欲動」より「欲望」を重視しているのでやや違っているかもしれませんね。

>フロイトを読んで精神分析を肯定する人もいるし、否定する人もいる。フロイトを読まずして肯定する人もいるし、否定する人もいる。

まさに。分析を学んでいる人の中でも、精神分析について話しているとそれぞれが非常に異なる印象を抱いていることに驚きますね。どこかマジカルなものを期待している人もいれば、具体的・現実的なものに強調している人もいますし、精神分析の解釈そのものの違いというのは面白いものですね。
2008/09/21(日) 00:37 | URL | Hans # g6vs/Cb2 [ 編集する]

すいません、忘れていました(笑)

精神分析というものから受ける印象やイメージ、考えは人によってかなり違うところはあるかもしれませんね。それだけ様々なものを内包しているのだろうとも言えるし、人の情緒的な部分をうまく刺激しているのだろうと思います。そういう意味では精神分析は奥が深いと思います。
2008/09/21(日) 04:12 | URL | ピュアリー # 6fwIY24o [ 編集する]

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purely0307.blog79.fc2.com/tb.php/233-01a5ffbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。