発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 フロイトの書き方(精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 フロイトの論文はかなりの数になる上、一つ一つがとても長いものもあるので、なかなか全部読むのは大変です。また、フロイトの文章は独特の特徴があるので、それに慣れるまでが結構時間がかかります。

 その独特の特徴について本書では様々な角度から考察をしています。その考察の中で特に印象に残ったところと言えば、ストレイチーが英訳したスタンダード=エディションについてです。

 スタンダード=エディションという名前になっているだけあって、フロイトが直接書いたドイツ語のものよりも世界中で読まれているようです。このスタンダード=エディションのおかげで、精神分析が広く知られることになったという重要な貢献があります。

 ただ、本書ではドイツ語版と英語版の違いについて細かく考察をしているのですが、ザックリと言うと、ドイツ語では日常用語に近い言葉で書かれており、親しみやすい感じで、反面、英語版では専門用語的な訳語になっており、硬い感じになっているようです。

 具体的な例を挙げると、ドイツ語版でのIch(私)を英語版ではego(自我)と訳されているなどです。

 その他にもフロイトの文調について興味深い話がたくさんあって、こうなってくるとフロイト論文を和訳で読むよりも、ドイツ語で読んでみたいという気持ちがムクムクと湧き上がってきます。けど、現実的に見るとドイツ語どころか、英語ですら読めない僕には無理だろうと(笑)。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purely0307.blog79.fc2.com/tb.php/221-f690f2fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。