発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 臨床日記(精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 フェレンツィは1933年に60歳で死去したが、死去の前年に約10ヶ月にわたって臨床的なアイデアや経験を書き綴った日記。学術論文ほどしっかりとした構成や論理的帰結があるわけではないが、その分、自由な印象がある。そう言えば、このblogも学術論文ではないが、日記風に臨床的なことを書き綴っているので、本書と似ているかもしれない。格は違うだろうが(笑)

 フェレンツィはフロイトの下で精神分析を学び、協会の会長を務めたこともある人物であるが、後年ではフロイトの理論や技法から逸脱しているということで精神分析の歴史から闇に葬られていた。しかし、最近になってフェレンツィの理論や技法が精神分析にとって大変重要であるということが言われ始め、再評価の機運が高まっている。

 特に、精神分析家の逆転移や分析的設定による患者に対する影響などを再検討し、従来の精神分析を批判しているところは極めて現代的であると言えるし、当時としては受け入れられないところはあったのかもしれない。またフロイトは性的外傷論から心的空想論に大きく方向転換をしたが、フェレンツィ性的外傷論の重要性を主張していた。それが現代になって児童虐待やパーソナリティ障害の問題が顕在化してきており、フェレンツィの性的外傷論の有用性が認識されているところもある。時代がようやく今になってフェレンツィに追いついてきたということなのかもしれない。

 またフェレンツィは積極技法やリラクセーション法、相互分析など、従来の精神分析の技法からは逸脱していると言われるような方法を開発してきた。その技法をそのまま使用することには議論はあるが、この技法を使用するに至った背景や患者の病理を考えることは大変重要であると思う。さらに、このフェレンツィの技法からまた新たに従来の精神分析技法を眺めると面白い連想が沸いてくるかもしれない。いわゆるアンチテーゼとしての機能であろう。

 しかし、フェレンツィは本書でフロイトに対する批判をたくさん書いているが、なぜかそこには単なる批判以上の感情を感じてしまう。批判はするが愛情を感じるというか。思春期の子どもの反抗期といったら、フェレンツィに対して失礼かと思うが、そこにはフロイトに対して反論もするが、認めてもらいたい、分かってもらいたい、受け止めてもらいたい、受け入れてもらいたいというフェレンツィの切ない思いが隠されているように思う。アンビバレントとも言えるか。

 本書でも書いているがフロイトの下での訓練分析の中でワークスルーされきれていないフェレンツィの葛藤があるよう。後書きに少し書いていたが、フェレンツィの両親は十分に愛情を注ぐことができなかった状況があったよう。また当時としては普通だったのかもしれないが、多数の兄弟の真ん中ということで、あまり目立たなかったのかもしれない。そこでの満たされない思いをフロイトにぶつけていたのかもしれないし、怒りの感情もあったのであろう。フロイトとの訓練分析では陰性転移が十分に扱われなかったとフェレンツィは回想しているが、この怒りと愛情希求との間で揺れ動くフェレンツィは満足できなかったということかもしれない。そして、その感情が逆転移という形で患者に向かっていたのではないかとも想像する。

 反面、フロイトもフェレンツィに対する特別な思いはあったようで、フェレンツィの死後に執筆された1937年の「終わりある分析と終わりなき分析」でフロイトはフェレンツィにいくつか言及しながら論を進めている。

 こうしてみるとフェレンツィは「臨床日記」の執筆で人生最後にフロイトとの関係をワークスルーしようとし、フロイトは「終わりある分析と終わりなき分析」でフェレンツィとの関係をワークスルーしようとしたのかもしれない。

 話はフロイトの方に行ってしまったので元に戻すが、最近になってフェレンツィが再評価されてきつつあるということは上に書いたが、その流れからフェレンツィの後期の学術論文を集めた書籍が日本で出版された。まだこの書籍は読んでないが、近い内に読んでみようと思っている。

精神分析への最後の貢献

シャーンドル=フェレンツィ(著) 森茂起・大塚紳一郎・長野真奈(訳) 「精神分析への最後の貢献―フェレンツィ後期著作集」 岩崎学術出版社 2008年 3990円


関連記事
コメント
この記事へのコメント
この本は読んでいないんですが、たしかにフロイトはフェレンツィをずいぶん可愛がっていたような印象がありますね。
クラーク大学への旅にもフロイトのほうから誘いかけて随行しているし。このときは、フェレンツィは本当にうれしかったようですね。↓その時の有名な写真、すごいビッグな顔ぶれですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Hall_Freud_Jung_in_front_of_Clark_1909.jpg

ちなみに、著者の氏名が「シャーンドル・フェレンツィ」になってますが、フェレンツィの母国ハンガリー式だと、日本と同じ姓・名の順に表記するので、フロイトの著作でも「フェレンツィ・シャーンドル博士」となっていますね。
http://blog.zaq.ne.jp/sigmund/article/383/
2008/04/02(水) 22:41 | URL | 重元 # qgv1q6Fs [ 編集する]

1ゲットおめでとうですy(^ー^)y

フロイトとフェレンツィは双方ともお互いに対して強い愛情があったのだろうと思います。

ただ、その愛情が強いが故に、フロイトは支配したい親の思いが、フェレンツィは自立を認めて欲しい子供の気持ちが強くなり、距離を取らざるを得なくなったのだろうと思います。

でも、本当は仲良くしたかったのだろうと。

まさにツンデレですね(笑)

精神分析の理論や臨床ももちろん面白いですが、こういう精神分析の人の人間関係などはまさしく昼ドラ以上に愛憎入り乱れてて面白いです(爆)
2008/04/04(金) 11:46 | URL | ピュアリー # 6fwIY24o [ 編集する]

フィレンツィとの関係からこの言葉が出ていたんですか!知りませんでした。「終わりなき~」の言葉自体は、知っていましたし、意味も少しはわかっているつもりでしたが・・・。
勉強になりました。ぜひ読んでみたいです。

ところで、「ツンデレ」とは何です?
2008/04/27(日) 01:55 | URL | サーザ # - [ 編集する]

ツンデレというのは、普段はツンツンしているのに、いざ二人きりになるとデレデレするというアニメ用語?です。
2008/05/02(金) 01:14 | URL | ピュアリー # 6fwIY24o [ 編集する]

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purely0307.blog79.fc2.com/tb.php/212-4012e899
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。