発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 学生相談と心理臨床(精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



学生相談についての理論とその臨床について書かれている。本書で特に強調されている点は、学生相談では病院モデルをベースにした治療型の心理臨床ではなく、生活をサポートしていくという教育モデルが必要とというところである。なので、個別援助だけではなく、集団援助をしたり、学生相談員が授業を受け持ったり、学外活動から進路・生活指導まで含めて大学内にコミットしていくことが求められているようである。

そのため、枠や構造を重視した内面探索的な心理臨床は学生相談では似合わないもののようである。

僕自身は病院での臨床をずっとしてきてが、今年から学生相談活動も業務の一環となり、そのスタンスの違いに少々戸惑っているところもある。今まではクライエントとの心理臨床外での接触はできるだけ控えつつ、面接室の中での援助がほとんどだったが、学生相談をしているとなかなかそれだけではやっていけないところあるよう。

学生相談独自の方法論やスタンスについて色々と試行錯誤していく必要があるのかも。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
 ども、はじめまして♪ひろぼうともうします。
近畿地方の某総合病院でCPやってます。よろしくお願いいたします。

 私も病院臨床と兼務で教育現場に出ています。
全く構造が違うようにも思いますし、病院においても来談かベッドサイドかで大きく異なるようにも思います。
  
 このへん、色々模索していかなきゃな、とも思いますね。

 あ、できれば、相互リンクなどをお願いしたいのですが。
また、遊びに来させていただきますね。
2007/07/13(金) 16:09 | URL | ひろぼう # - [ 編集する]

>ひろぼうさん

どうも、はじめまして~。病院と学校ってちょっと雰囲気も違うし、アプローチもちょこっと変えたりしないと行けないところはありますね。それが大変なところでもあり、面白いところでもあると思います。

相互リンクですが、うちは他のブログのリンクは貼っていないので、相互はご勘弁ください。ただ、ひろぼうさんのブログに僕のブログへのリンクを貼ってもらうことは全然OKですよ~。
2007/07/13(金) 16:10 | URL | セーイチ # - [ 編集する]

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purely0307.blog79.fc2.com/tb.php/18-49a5328a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。