発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 ヒステリー研究(上)(精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 本書はフロイトが精神分析成立以前にブロイアーと共に出版したものである。精神分析という言葉がまだなかった時期であり、精神分析的ではないところが多数見られるが、フロイト(とブロイアー)の思考プロセスやその時期に考えていたことを垣間見ることができる。

 たとえば治療技法でフロイトは催眠術や前額法を使用している。さらに、患者さんに宿題を出したり、暗示を与えたり、本当に様々なことをしている。それだけヒステリーというものが解明されておらず、治療技法も確立されてなかったので、効果がありそうなことは何でも試していたということなのだろう。

 しかし、本書のいたるところに今後の精神分析に至る小さな卵が散見されるところもある。フロイトも様々な方法を試しながら、少しずつみえてきたのだろう。

 ジャネやシャルコーと同じように催眠をフロイトも用いているが、ジャネ・シャルコーは治るような暗示を患者さんに与えているのに対して、フロイトは催眠下において過去の外傷を想起させることで治療しようとしている。これは後の精神分析において抵抗や転移を発見し、それを除去し、外傷の再体験や想起をすることで治癒するという治療モデルの前身ということができる。

 さらに、ブロイアーの症例であるアンナ・Oの語ることによるカタルシスの効果は後の自由連想法に発展していく原点であると言うこともできる。

 精神分析というのは一夜にして出来たものではなく、フロイトの長い研究と臨床の中で徐々に形作られたものである。さらに一度形作られたものが解体され、新たに再構成されていったり、改訂されていったりした歴史的な流れのあるものである。

 なので、このようにフロイトの初期の症例や研究、技法を知ることによって、どのように精神分析ができたのか、そして、精神分析の各理論や技法にはどのような意味があるのかを本質的に理解していくことができるのである。

ヒステリー研究(下)に続く


関連記事
コメント
この記事へのコメント
 この本は大学生の頃に読みました。読んでいる時は、理解不能なところが多くって困りましたが、読んだことは現在とても役に立っているように感じますね。
 大学の授業でもアンナ・Oの話をすると、多くの学生は興味深そうに聞いてます。
2007/07/28(土) 10:15 | URL | Y.. # - [ 編集する]

>Y..さn

大学生の頃に読んでいたとはすごいですね~。実は僕はフロイトの本って今まであまり読んだことなかったんですね。精神分析入門は少し読んだことはありましたけど。
2007/07/28(土) 18:59 | URL | セーイチ # 6fwIY24o [ 編集する]

ゼミの課題だったもので。その時は、「なんでいまさらフロイトの本なんて読まなくっちゃいけなんいんだよー」って不満に思っていたんですけど、今振り返ると学部時代に読んでおいてよかったと思う本ですね…。
2007/07/29(日) 16:46 | URL | Y.. # - [ 編集する]

セーイチさんはすごい勢いでフロイトを読んでいますね。

症例はどれもおもしろかったけど、第4例のカタリーナが、短いけど衝撃でしたね。最後の注でガーンという。ネタばらし的なのでこれ以上は言いませんが。現代的な意味も失わないケースだと思います。

下巻第3章のブロイアー執筆部分は始めての翻訳なんでしょうね。著作集に載っていなかったのでまだ読んでません。新しい全集ではどうなのだろうか。フロイトの考えも盛り込まれているようなので重要なところのようですが、ちょっとみてみたらけっこう難しそうですね。
2007/07/31(火) 22:52 | URL | 重元 # qgv1q6Fs [ 編集する]

いやー、最近はフロイト漬けですね。今まで読んでこなかった反動でフロイトばかりになっています。

で、カタリーナの症例ですけど、あれはフロイトも書いているように厳密な治療セッティングの中での症例ではなく、本当に行き当たりついでのコンサルテーションのようなものなんですね。

カタリーナの病歴についての考察も面白いんですけど、単発セッションでのコンサルテーション技法についても色々と先駆的なところが見れて面白かったです。コンサルテーションがまずいのであれば、究極のブリーフセラピーですね。

しかし、カタリーナの病歴なんですけど、なんとなくヒステリーというよりも現代風に言えばパニック障害に近いような気もしないでもないですが。
2007/08/01(水) 00:09 | URL | セーイチ # 6fwIY24o [ 編集する]

「ヒステリー研究」は微妙だなあ。カタルシス法は許嫁のマルタの叔父が既に行っていて、フロイトは結婚の許可もらうために「カタルシス法は神経症の治療に効果がある」という路線でデータを改竄している。エランベルジェが『無意識の発見』でそう結論づけてるけど、さもありなんと思う。

2007/08/01(水) 00:21 | URL | ぽっき # mQop/nM. [ 編集する]

「無意識の発見」は実はまだ読んだことがないんですけど、そういう経緯もあるんですね。知らなかったです。カタルシス法はブロイアーとばかり思ってて。

でも、結局は「カタルシス法は効果がある」というところから離れて、独自の自由連想に進んでいったということはやはり効果はなかった、もしくは少なかったというところに行き着いたんですかね。
2007/08/01(水) 01:05 | URL | セーイチ # 6fwIY24o [ 編集する]

ブロイアー自身も、その後、カタルシス法の論文は書いてないらしいから、効果があるとは思ってなかったんだろう。ただ、症例を心の動きの側面から記述していくというスタイルは(器質的な異常性である「神経質」や「精神病質」を患者に探す立場と違い)やはり心理学的事例研究の端緒を切り開いてると思うし、意識状態で記憶の探索をする前額法は「患者との共同作業」という新しい心理療法になっている。それまでの医者主導型の治療法とは一線を画してるからね。

2007/08/01(水) 07:48 | URL | ぽっき # mQop/nM. [ 編集する]

ぽっきさんの言うように、医師主導から共同作業、器質疾患・詐病から心理的要因の分析、といった二つの方向転換はとても重要であると僕もどこかで聞いたことがあります。

最近ではそれが行き過ぎて、全部が全部心理的要因をまずは探してしまって、器質性・内因性の疾患を見落としてしまうという逆の危険性もあるとよく注意を受けます。

このあたり僕も勉強だな~と思いました。
2007/08/01(水) 21:26 | URL | セーイチ # 6fwIY24o [ 編集する]

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purely0307.blog79.fc2.com/tb.php/167-b750c7f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。