発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 精神療法家として生き残ること(精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 精神分析や精神療法(心理療法)をしていると本書のタイトルにあるように「生き残る(訳者は生き延びるという和訳が適切としている)」というキーワードは結構思うことがあります。それは自分の人生を全うするという意味と、1回1回の面接で治療者として死なず機能し続けるという意味の両方があるように思います。

 本書では主にその前者の生き残るを指しているようです。さらにいうと如何に楽しく生き残るのかということが主眼であると訳者は解説で書いています。

 確かに精神分析や精神療法をしていると本当に苦しく、もう辞めてしまいたいと思うこともありますし、プライベートが侵食されることもあります。患者さんの夢を見たりすることも稀ではありません(ただしこれは治療者の個人差もあるようですが)。著者はそのための方法などを著者自身の人生を振り返りながら色々なところで綴っています。著者の方法をそのまま使うことはどうかと思いますが、各治療者が自分自身にフィットする何かを探すことは大切なのでしょう。

 先ほどのもう一つの意味である「1回1回の面接で治療者として死なず機能し続ける」ということもまた重要ですが、この辺りはウィニコットに詳しく書いてあるので省略します。僕の体験で言うと、意外と面接の中で治療者機能が維持できなくなることは多いです。それは僕自身の未熟さということが大半かとは思いますが、いくばくかは治療者-患者関係の中で起きている相互作用によるものもあります。すなわち治療者機能が維持できないことこそが、治療者の逆転移であり、その分析を通して、患者を理解していく一つのきっかけになることもあります。

 死に真似ではありませんが、治療者機能が維持できなくなりつつも、面接から逃げ出さず、ドロップアウトせず、常に患者と会い続けることに意味が生じてきます。1回1回の面接の詳細な中身を見て行くと、確かに「なにしてるんだ?」と思うようなところは多いかもしれません。しかし、その中で常に居続けるエネルギーというのはいつか解釈に使用できる材料になっていきます。このことも「生き残る」ということに含めても良いのではないかと思います。

 この他にも本書の至るところで心に残るところは多いです。そのいくつかをピックアップします。

(1)面接室の準備
 pp36-37あたりでは開業した際の面接室の準備について書かれており、その必須の準備物として金属製のゴミ箱が挙げられています。なんでゴミ箱がここまで大切なの?って思う人もいるでしょう。このことについてユーモアたっぷりに書かれているので、おもわずクスリと笑ってしまいました。是非ともこの面白さを他の人にも伝えたいのですが、なかなか言葉にならないのでこの箇所については本書を読んでもらいたいと思います。

 ゴミ箱以外にも色々と開業した際の準備や心構えなど書いていて、以前に僕が「初回面接(1)」や「初回面接(2)」で書いたことと重複していたりすることもあります。考えていることが少し似ていたりしてて少し嬉しかったりもしました。

(2)サイエントロジー
 pp97あたりでは少しサイエントロジーについて書かれていました。著者の書き方からもそこにある種の怒りが強く感じられました。僕も少し関わってしまい、色々と大変でしたので、なんとなく分かる気がします。

(3)メモを取ること
 pp102あたりでは面接中に治療者がメモを取ることについて書かれていました。著者は面接中はメモを取ることに対してかなり否定的なようです。その理由についてあまり詳しく書いてませんでしたけど、著者の経験からの結論のようです。これについても以前に「面接の最中にメモを取ること」で書いたことがありますけど、やっぱり個人のやり方や方法や特性、また面接の目的によって違うのかなというのが今の僕の印象です。

(4)名前の呼び方
 これは英国文化と日本文化の違いかもしれませんが、著者は患者さんからどのように呼ばれるのかについてかなり敏感だったようです。ファーストネームで初対面の患者さんに呼ばれると必ず「コルタート先生と呼んでください」と忠告していたようでした。日本の場合、ファーストネームでいきなり呼ばれることはまずほとんどないので、この辺りのことが感覚としてまだ分からないところがあります。

 ただ、ファーストネームは別としても、確かに患者さんによっては、また治療のプロセスによっては治療者がどのように呼ばれるのか変わってくることもあります。以前に僕がケース発表した患者はプロセスによって呼び名が変わって、それを一つ一つみていくと転移/逆転移の局面が少し垣間見れたところもありました

 どのように呼ばれるのかが正しいのかは分かりませんが、患者さんがどのように治療者の名を扱うのかはとても重要な情報だと思います。

(5)分析家にとって医師の資格/能力
 フロイトは1926年の「素人による精神分析の問題」で分析家にとって医師資格というのは必要か不必要かについて述べています。簡単に要約すると分析家にとって医師の資格は絶対ではないが、分析の状況によっては医学的知識が必要になってくることもある、というものです。

 pp107-109あたりで著者はアセスメントの章で医師の能力について書いています。著者もアセスメントの段階で医学的知識が必要だけど、かならずしも医師資格が分析家にとって必須ではないとしています。

 フロイトにしても著者にしても、分析家にとって医師であることは必須ではないとしていながらも、その重要性は認識しているようです。このあたり、サイコロジストの僕にはかなり葛藤的になるところです。分析家を目指すうえで医師でないことのデメリットは大きいのか、サイコロジストであることのメリットというのはあるのだろうか、そういうことを色々と考えます。この辺りはまだ結論は出ていないですけど、これからも考えて行きたいところです。

 ただ、すくなくとも収入の面ではサイコロジストであるよりも医師である方が数倍良いでしょう。分析家になるための出費を考えたら。それと、サイコロジストが分析家になっている例の少なさも不安要素の一つです。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
先日、抗うつ薬ジェイゾロフトの講演会がありました。そこでもちょうど「どうにもならないもの、不確実なものに付き合いながら治療を続けるNegative Capability(だっけか?)が、うつ病の治療者として大切」という内容を耳にしたところ。結果を焦らない根気強さは大切なんでしょうね(^-^;
2007/04/23(月) 13:36 | URL | satoru # wjAoP.n. [ 編集する]

なるほど、その講演会で語られたのはまさに「生き残る」というにふさわしいものですね。うつ病といっても色んなタイプがあって、抗うつ薬に反応する人としない人がいますね。

反応する人はほとんど診察の中だけで治療が完結して、サイコロジストにはあまり回ってきません。

薬物に反応しない人はだいたいがサイコロジストに回ってきますね。その中の一群には人格障害にかかってくる人もいます。

こうなるとなかなか抗うつ薬だけでは治療は難しいですね。こういう時に、それでも根気強くやっていくことが求められるんでしょうね。医療者も苦しいけど、患者さんも苦しいんですしね。
2007/04/23(月) 13:50 | URL | セーイチ # 6fwIY24o [ 編集する]

「医療者も苦しいけど、患者さんも苦しいんですしね」
それです!ホント、それ。
マラソンの伴走に自転車で付き合う気分。一緒に走っていれば、きっとゴールにたどり付きますよね。きっと……ちょっと怪しいけど(-_-;
というわけで、患者さんがどこかに向かって走る事に、付き合い続けてみましょうかね(^-^)
2007/04/23(月) 15:19 | URL | satoru # wjAoP.n. [ 編集する]

マラソンのイメージはぴったりですね。短距離走ではなかなか難しいです。要はペース配分が大事ですね。
2007/04/24(火) 15:51 | URL | セーイチ # 6fwIY24o [ 編集する]

はじめまして。熱心なサイコロジストの方のブログだなあと感心しながら読ませて頂きました。

私は患者の側で抗鬱剤が合うのにぶつからなかった口です。効きすぎてしまうのですね。平衡感覚の乱れや眠り過ぎ、ぼんやりして考えがまとまらなくなったり別におかしい事もないのに笑いたくなる妙な感覚…など何度軽い薬を変えて処方して貰っても、 不快感がありました。鬱だったのですが、随分前あるショックから心因反応名で短期入院した時も同じでした。鬱で通院中医師から「自殺願望まだある?」と聞かれ、私は死が怖い生きていて虚しいとは言ったけれど、死にたいと言った事がなかったので驚きました。
短時間で沢山の鬱病他の患者を見なくてはならないから、他の方と間違えたのでしょうね。でもそれで薬と病院を離れる決心がつきました。

私の場合自殺を思わなかったのですから、苦しかったけれどだいぶ軽度の鬱かと。だからかも知れませんが…薬に頼らない方法の方がずっと合っていたのです。その後サイトで自分でできる幾つかの手法例えば簡単なフォーカシングなどを丁寧に紹介している心理療法家を見つけ訪ねました。鬱経験のある方でかつての自分のような人の力に…との誠意を感じたのと、自分でサイトのフォーカシングを試したところソフトながら可能性を感じたからです。

三回のセッションに目ざましく改善するものがありました。初めはかなり胡散臭く感じたNPL他の自分に自分を気づかせる手法が私には合っていたようです。

薬や医師さん達にも救われている鬱の方も多いのでしょう。また薬が絶対必要な精神の病気は沢山あると思います。そして保険の効かない診療は経済的に大変で、私も月一度のペースでしか受けられず、今も大分意欲的自立的に行動できるようになったけれどまだ完全ではないから次回は予約したいけど、懐も厳しいし間隔をあけようかしら?などと思案している位です。

でも、
投薬第一の精神科医ではない心理専門職の方がいらして、本当によかった…と思っているのです。

私の受けた方は、心理療法士ではない民間資格の方かと思います。民間資格は沢山ありいい加減な人も沢山いそうと思いますし、セーイチさんは全く違う療法をなさる方かとも思いますが、本来的にクライアントへの真の誠意と才能を求められる尊いご職業と思います。大変なのに収入は医師に及ばず不安定かも知れません。でも… 頑張って下さいね。

2007/04/25(水) 22:26 | URL | Nike # Cmtn9hI6 [ 編集する]

こんにちは。

そうですね~、うつの三大治療方法は、薬物療法・精神療法・休養と言われてますね。そのいずれも併用できることが一番良いのでしょう。その前提として医療者と信頼関係を持てることも必要ですね。

これからも収入の少なさにめげずに頑張ります。
2007/04/26(木) 09:38 | URL | セーイチ # 6fwIY24o [ 編集する]

「生き残る」というと何だかまわりは全滅というイメージを連想してしまいます。(それだけ面接場面が面接者にとって苦しいということか...汗)
「生き延びる」という言葉はなるほどと思いました。
2007/05/20(日) 10:53 | URL | hiro # mQop/nM. [ 編集する]

たしかに面接場面が戦争なのか!?と思うほどストーミーな状況と言うのはありますね。そういうときはまさに「生き延びる」なのでしょう。

それと僕が個人的に思うのは、「生き延びる」の方がどちらかといういうと意思の力を感じるところが良いところかな。「生き残る」というと運のおかげという意味合いもどこか感じてしますし。
2007/05/20(日) 23:03 | URL | セーイチ # 6fwIY24o [ 編集する]

なかなか厚い内容で、すばらしいですね。それと、トラックバックしてくれてありがとうございます。どうやら私と同じ業界、同じ領域の先生。お互い生き残っていきましょう!?
2007/06/16(土) 15:15 | URL | 渡辺 # - [ 編集する]

こんにちは、はじめまして。私のブログに来ていただいてありがとうございます。この職業、色んな意味で生き残らないと行けないので、大変ですね。お互い頑張りましょう♪
2007/06/18(月) 17:05 | URL | セーイチ # 6fwIY24o [ 編集する]

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://purely0307.blog79.fc2.com/tb.php/143-27debdee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。