発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 (精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【続きを読む】
ながらく絶版になっていたものが、昨年に増刷され、こうして読むことができるようになった。ケースメントはもともとはソーシャルワーカーで、その後、精神分析家・訓練分析家になった人で、いちおうイギリス独立学派に属している。訳者の松木先生はクライン派であるので、厳密には他学派による訳本となるが、ケースメントは本書のタイトルにあるように、何かの理論や技法を持ち込んでいるというよりは、臨床の中で考え、患者から学んでいるところからすると、学派を越えて、一つの臨床家としてのスタンスを示すものなので、学派はそこまで関係がないと言えなくもないだろう。ちなみに松木先生もクライン派ではあるが、もう少し柔軟なスタンスがあるように見受けられるように思える。

本書の中で登場する重要なこととして「試みの同一化」と「心の中のスーパーバイザー」がある。簡単にいうと前者は患者と同じように感じていき、そこでのあり方をモニターすることであり、後者は自分で自分を都度スーパーバイズしていくことである。そのような技法を用いながら、患者と精神分析家が一緒に考えていくのである。本書にはもちろんケースメントのケースが多数登場し、そのやりとりのリアルな描写は非常にイメージ喚起的である。そして、注目を引くのが、彼の解釈には精神分析家の失敗やとりこぼしを含め、それに対する患者の失望や怒りをきちんと取り上げていくことに特徴がある。これはクライン派や自我心理学の解釈と大きく異なるところではないかと思われる。そこにはウィニコットの環境の失敗のアイデアがあることは言うまでもないが。また、この解釈は人によっては自虐的すぎるという感想を持つ人ももしかしたらいるかもしれない。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。