発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 (精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【続きを読む】
精神分析において夢は重要な意味を持っている。それはフロイトの時代と現代とでは多少違ってはいるが。フロイトの頃は夢の内容を分析・解析していくことにより、そこに無意識的な葛藤やコンプレックスが姿を現すとしていた。そしてそれを意識化していくことで症状が改善するとしていたのである。こんなにも単純ではないが、あえて単純化するとこういう感じである。

しかし、現代ではその夢の扱い方やその意味は違ってきている。その一つがここでメルツァーが述べていることである。夢の内容ももちろん大切ではあるが、それよりも夢を夢見ることができるようになることこそが大切であるとしている。またこの夢見るは睡眠中に見る夢に限定しているのではない。ビオンのもの思いと関連し、自由に思考し、心にスペースを持てるようになることに近い話なのである。

夢を生きることができるようになることが求められるのかもしれない。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。