発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 (精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メラニー・クライン(著) 「分裂病者における抑うつに関する覚書」 1960年
メラニー・クライン著作集5巻 ”羨望と感謝” 誠信書房 pp125-128

【続きを読む】
 クラインの発達論としては、妄想分裂ポジション(PS)と抑うつポジション(D)があるのだが、統合失調症者では前者に固着し、躁鬱病者では後者に固着しているというのが簡単なまとめである。そして、統合失調症者が感じる抑うつは躁鬱病者のそれとは異質のものであるというのが本論文におけるクラインの主張である。統合失調症者の抑うつは自身の良いところを破壊し、結果的に自我を脆弱にさせてしまっているというのである。その悲しみと痛みに接近できるのは精神分析だけであるとクラインは力説している。

 PSとDはそれぞれ迫害不安と抑うつ不安に代表される不安を持っており、その対象世界は前者が部分対象、後者が全体対象を形成している。最初はgoodとbadが分かれた世界に住んでいるが、それが成長に伴って一つの対象の中にgoodとbadの両方があるということを認識し、統合が進んでいく。その過程には大変厳しい痛みが伴う。それは今まで破壊しようとしていた悪い対象が実は良い対象だったということが分かり、その罪悪感に苦しむからである。それを償いたいという気持ちが生まれることによって壊れた対象を癒し、再生し、痛みを乗り越えて行く。そしてそれがgoodもbadも両方ある全体対象として認識していくのである。

 ここで重要なのは、統合失調症者だからDにはならないということでもないし、躁鬱病者だからPSにならないということもでもない。さらに、健常者でも時と場合によってはPSやDになることもある。PSとDは生涯を通じて心の中に住まい、何らかの事情によって退行した時にはPSやDになるのである。

 また、クラインによる分裂病の抑うつと違うかもしれないが、精神科医の中井久夫(だったと思うが)、統合失調症者が急性発症した後、しばらくしたら抑うつ的になる現象を記述・説明している。そこでは確か、急性発症の時にエネルギーを使いすぎたので、その為に抑うつになるといったものだったように記憶している。いわば中井はエネルギー経済論的な観点で見ているということであろう。



【続きを読む】
参議院選挙お疲れ様でした。結果は民主党が負け、自民党が勝ちということでしたね。今回の改選の結果は以下の通り。

自民 51
民主 44
みんな 10
公明 9
共産 3
社民 2
たちあがれ日本 1
新党改革 1



しかし、気になるところは、1人区では自民党が圧勝だったようですが、比例は民主 31.40%で、自民 24.57%で、民主党が勝っているんですね。

そして、改選と非改選を合わせた参議院の議席数が以下です。

民主 106
自民 84
公明 19
みんな 11
共産 6
社民 4
国民 3
無所属 3
たち日 3
改革 2
諸派 1



野党が過半数を超えていますが、民主党がまだ第1党です。

ちなみに法案が可決する為には衆院と参院でそれぞれ賛成が過半数を超えるか、それとも参院で否決された法案を衆院で2/3以上の賛成で可決します。

与党の民主党と国民新党を合わせて衆院では過半数を取っているが2/3には行ってない、参院では過半数を取ってない。このことから法案成立ができにくくなります。しかし、法案によっては問題なく全会一致の時もあるし、野党であっても与党の意見に回ることもあります。

例えば外国人地方参政権は民主党、共産党、社民党、公明党といったいわゆる左翼政党が賛成していますが、これらの政党の議席数を見ると、衆院・参院それぞれで過半数を超えてしまっています。

なので、今回の参院選挙で野党が勝ったと言っても以前として売国法案が成立してしまう危険性は多いにあります。

それと投票率ですが、57.92%だったそうで、前回の参院選挙より落ちているようです。

あと、千葉景子法相が落選したのは大変良かったですね。彼女は人権侵害救済法という言論弾圧を合法的にできる法案を強く推進していました。その他にも北朝鮮拉致実行犯の工作員の釈放署名を行うほどの人物です。彼女にしっかりとNOを突きつけれたのは大きな収穫です。

また、民主党の敗因について消費税10%を挙げているマスコミなどもありますが、それなら先に消費税10%を主張した自民党も負けるはずです。しかし結果はそうではない。民主党の敗因は、カネの問題、普天間の問題、実現性のないバラ色公約の問題など、そういうところを国民は見ていたのではないかと思います。



【続きを読む】
 名前のとおり認知行動療法について初心者を対象にして分かりやすく解説された本。元々は著者のワークショップを書籍化したものである。認知行動療法を施行する前段階の導入やアセスメントなど詳細に説明されており、実際のセラピーがありありとイメージできるような作りになっている。著者は何度も主張しているが、認知行動療法というとコラム法・認知再構成法であるという誤解があり、そうではないということを繰り返し言っている。その基本スキルとして、以下のものを挙げている。

(1)双方向的なコミュニケーション
(2)アセスメントと心理教育
(3)セッションを構造化する
(4)認知再構成法
(5)問題解決法
(6)その他の認知行動療法



 4~6はのスキルは認知行動療法のパッケージの中身であるが、その説明はざっとで終り、ほとんどを1~3のスキルを重点的に説明している。そして、このような1~3のスキルをきちんと押さえることで認知行動療法の効果も上がるし、後の4~6のスキルもスムーズに施行できるようになるとのことである。

 このような認知行動療法のやり方はかなりシステマティックで、マニュアル化されたものであり、初心者にとっては学習の道しるべが視覚的に分かるので、学びやすいものであると思われる。

 認知行動療法に限らず、導入をどうするのか、初期にどのような対応をするのかはとても大切である。それが治療の進展を大きく左右されることになる。そういう意味で例え認知行動療法をガチガチに施行することはなくても、本書は大変参考になるところは多いと思われる。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。