発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 (精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メラニー・クライン(著) 「大人の世界と幼児期におけるその起源」 1959年
メラニー・クライン著作集5巻 ”羨望と感謝” 誠信書房 pp103-124

【続きを読む】
 幼児期の経験が大人になってからの性格や心的状況に影響を与える、という考え方は精神分析が初めて提出した仮説であり、現代においては多くの一般人はこの仮説を肯定しているものと思われる。そして心理臨床の専門家でもこの仮説を否定している学派はいないであろう。もちろん技法として理論としてその部分は扱わないという学派はあるが。

 ただ、この幼児期の体験というものを厳密にどう捉えるのか?という問題はまだまだ大きい。それは精神分析の中の学派によっても変わってくるようである。すなわち、幼児期の体験が現実に起こっていたものとして捉えるのか、それともそれは幼児の幻想・空想として捉えるのかによってかなり違うように思われる。フロイトは当初は現実に起こっていたものとして理解し、ヒステリーの治療を行っていたが、徐々に現実的に辻褄の合わない事態に遭遇し、結果的に幼児期の空想ではないか、という方向転換を行った。すなわち内的空想論である。こうした転換が精神分析をさらに発展させたのであるが、現代では解離や虐待といった問題が取り上げられるようになり、実際的にトラウマを幼少期に受けた患者が大人になってさまざまな問題を呈するというケースが増えてきている。最近の調査では虐待などは思った以上に昔から、そしてかなり多くあるのではないかと言われるようになってきている。

 クラインは全くこうした外的な環境を無視することはしていないが、本論文では内的要因についての考察を行っている。そして後のクライン派といわれる人はさらにこれを推し進め、人によっては完全に外的な環境を無視して理論構築を行うようになっていった。それが正しいのか間違いなのかは分からないが、とことん内的要因として扱うことにも確かに臨床的な価値はあるのかもしれない


メラニー・クライン(著) 「精神機能の発達について」 1958年
メラニー・クライン著作集5巻 ”羨望と感謝” 誠信書房 pp91-102

【続きを読む】
 フロイトの自我構造論と欲動論に対してのクラインなりの見解を書いている論文である。今までの論文でも分かるようにクラインはフロイトよりも早期にエディプスコンプレックスを想定し、超自我などの機能は生まれもって備わっているという論を展開している。それはフロイトが神経症の成人を対象にした精神分析をしていたのと対照的に、クラインは乳幼児や精神病といった重篤な患者を対象にした精神分析を行っていたことが大きく関係している。

 本論文の内容に入るが、今までクラインは生まれ持った破壊的で過酷な超自我を想定し、そこでの迫害不安がもっとも根本的な不安であるとしていた。しかし、この論文では比較的健康に自我と超自我を描写し、破壊的な対象はそれとは別の領域にあることを示唆している。この転換を大きなものと見るのか小さなものと見るのかは分からないが。


パーソナリティ障害とホールディングについて

【続きを読む】
(1)パーソナリティ障害
 パーソナリティ障害には認知障害・感情と衝動のコントロール障害があり、知的機能のアンバランスさが見られる。これらからやはり発達障害の一種としてみる方が良い。オットー=カーンバーグの葛藤説、ジェラルド=アドラーの欠損説は発達障害からの二次的症状に過ぎないのかも。

(2)ホールディング
 臨床心理において身体を扱うことは大切。ただ直接身体を触ることはできないので身体症状の相談に乗るという形が精一杯。その点医師・看護・介護出身の臨床心理は強い。身体ごと抱えて、扱っていけるので。ホールディングが理念で終わらず、まさに実践していると言える。

(3)パーソナリティ障害をホールディングする
 パーソナリティ障害の場合には、話が散逸したり、観念的になったり、被害的になったりするので、こうした身体ごと抱えていくことにより、具体的な世話をすることで地に足のついた会話ができるようになる。


鳩山内閣から菅内閣に代わり、支持率が60%、参議院選挙の投票先が30%にまで回復した。

【続きを読む】
 内閣が変わっただけで支持率が40%以上、参議院選挙投票先が10%以上も回復するのは、やはり無党派層がイメージや単なる期待だけで支持を決めているにすぎないことが明白だということかもしれない。

 自民党政権時代はさんざん「選挙前に首のすげ替えをするのは国民をバカにしている」と批判していたが、これだけ堂々と選挙前に首のすげ替えをするのは如何なものだろうかと思って当然かもしれない。ちなみに麻生政権の時には財政最優先ということもあったが、投票前に首のすげ替えなどはしていない。

 それで、菅直人とはどういう人物なのかは僕も詳しくはないが、色々と問題の多い人物の様である。

 マスコミは「庶民派」「市民派」と賞賛しているが、鳩山家に比べたらほとんどが庶民になるのは当たり前なのかも(笑)。それはともかく、もともとは社民連という社会主義・共産主義よりの思想を持つ左翼団体に所属していたプロ市民のようである。そういう背景はあまりマスコミでは報道せず、庶民派扱いになっているところに印象操作であるといわざるをえないところもあるのかも。

 また、1996年のO157事件では調査不足・認識不足のままカイワレが原因だと発表したところから、カイワレ業者の倒産や自殺が相次いだことは有名なところ。

 さらに、2004年には年金未納問題が浮上し、収拾がつかなくなり、党代表を辞任。その後、パフォーマンスのような気もするがお遍路さんに出発。

 年代はさかのぼるが、1989年には北朝鮮の拉致実行犯であるシンガンスの釈放署名にサインをしている。この点について報道されたことってなかったんではないかと思う。

 その他にも、外国人地方参政権を支持していたり、南京大虐殺記念館で謝罪をするなど、自虐史観思想をかなり強く持っている人でもあるよう。

 まだ実際にどのような政策を行っていくのかはこれからだが、これまでの菅氏の言動を見ていると、どうも日本を良い方向で動かすとは個人的には思えないところが多い。必死で「反小沢」色を出して、参議院選挙に向けてイメージ回復を行おうとしているが、これなんかも国民の為と言うよりも、民主党が参議院選挙で勝つためだけの工作としか思えない。

 しかも、それにホイホイと乗ってしまう国民も多いものだから情けない。

 参議院選挙がいつになるのかまだ決まってないようだが、7~8月の選挙で民主党が勝ってしまうと本当に日本はどうなってしまうか・・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。