発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 (精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メラニー・クライン(著) 「離乳」 1936年
メラニー・クライン著作集3巻 ”愛、罪そして償い” 誠信書房 pp55-74

【続きを読む】
 離乳という問題を象徴的な意味として理解するか、現実的な意味として理解するかで、かなり変わってくる。クラインはもちろん前者に重きを置いていて、離乳ということに関して、乳幼児の心のありようをこの論文では詳細に説明している。乳幼児の心のありようは、これまでの論文で書かれていたこととほとんど同じであり、攻撃衝動やサディズムの変遷が心の発達に重要であるということをここでも書いている。そして、象徴的意味としてみているということは、クラインが「本当の成功を収めた離乳とは赤ん坊が新しい食物に慣れる様になったという事だけではなく、むしろ、それは、その際の内的葛藤や恐怖を処理する最初の基本的段階であって、真の意味において欲求不満に対する適応方法を見つけ出すことに通じているのである」と言っていることからも分かるであろう。

 しかし、その反面、この時期のクラインにしては珍しく、母親の現実的な養育の仕方や、禁止事項などマネジメント的な立場からも書かれており、ちょっとした精神分析的養育方法にもなっている。離乳をする際の工夫を母親に指導したり、段階的に食べ物を与えるべきだとか言ったりしている。さらに、子どもの自慰に対する対処やトイレットトレーニングの具体的な方法についても述べている。この点からすると、自我心理学や独立学派からクライン学派は「空想を重視しすぎて、現実を見ていない」と批判されることが多いが、本論文を読んでいるとそうでもなさそうに見えてくる。

 また、具体的な指導の中には「赤ん坊を両親の部屋に寝かせるべきではないし、性交の場に居合わさせるべきではない」と書いている。両親の部屋に寝かせることについては、日本では結構一般的なところがあって、この辺はヨーロッパとは文化的にかなり違うのだろうと思った。ただ、両親の性交をみせることについては、最近ではそのこと自体も虐待ではないか、ということが言われ始めている。フロイトは原光景と言っており、両親の性交を見ることが後々に外傷的に作用すると言っている。これは確かに臨床の中ではよく観察されることで、両親の性交目撃が症状を形成する原因かどうかは別として、患者の大きな傷つき体験として語られることはよく見られるのである。


横浜高次脳機能診断法研修会を大阪で開催します。

【続きを読む】
 病気や怪我による脳損傷が原因で生じる知的障害や人格の障害を高次脳機能障害と言います。昨今、高次脳機能障害が社会的に認知され、交通事故や労災の保険の対象となったことや成年後見人制度が普及してきたことなどから国を挙げて研修会を開き、これを診断できる技術者を育てています。しかし、その対象の多くは現在医療現場で常勤で働いている言語聴覚士や作業療法士、精神保健福祉士、看護師などとなっています。
 高次脳機能診断とは知能検査と各種の神経心理学的検査を駆使して診断するまさに心理学の専門領域の仕事です。これほど社会から求められている心理学専門の仕事を他職種の人に与えてしまっている現状は大変残念なことです。
 本講習会では、原則として受講生が検者と被検者を交代しながら各種の検査を演習して頂きますが、ご希望によりテストの種類も勉強方法もお選び頂けます。基本的に個人指導です。学生さん(学部生、院生ともに)の応募を歓迎します。

<テストの種類>
鈴木ビネーテスト旧,改訂版
WISC-3
WAIS-3
コグニスタット
リバーミード行動記憶検査
K-ABC
WMS(Wechsler Memory Scale)
Wisconsin Card Sorting Test
FAB(Frontal Assessment Battery)
Raven’s Colored Progressive Matrices
AVLT, Rey’s Complex Figure
ほか

・日時:2009年10月3日(土)  10時~17時
          10月4日(日)  10時~16時
・会場:城北市民学習センター
大阪市旭区高殿6丁目14番6号 Tel:06-6951-1324 Fax:06-6951-1304
・交通案内:地下鉄  谷町線・関目高殿駅4号出口から徒歩3分、今里線・関目成育駅2号出口から徒歩6分、京阪電車・関目駅から徒歩6分
・講師:中野光子 定員:30名
・会費:25000円(2日分) 学割20000円 8月末までに振り込んでください。
・連絡先:  m-naka27@jd5.so-net.ne.jp 中野光子
(所属 職業 住所 受講を希望する理由など自己紹介を添えてお申込みください)

横浜高次脳機能診断法研修会
http://www014.upp.so-net.ne.jp/takanawa-psycho/
メラニー・クライン(著) 「躁うつ状態の心因論に関する寄与」 1935年
メラニー・クライン著作集3巻 ”愛、罪そして償い” 誠信書房 pp21-54

【続きを読む】
 メラニー・クラインと言えば、抑うつポジションと妄想分裂ポジションの概念がとても有名であるが、その内の抑うつポジションが本論文で初めて登場している。そういう意味ではとても記念碑的な論文なのであろう。ちなみに、本論文の訳では「抑うつ的態勢」となっているが、最近では「抑うつポジション」という言い方をよく聞くので、こちらの方を使用することとする。

 早期の不安状況では、乳児はサディズムを悪い対象に向けていたが、その悪い対象は実は良い対象でもあったことに乳児は気づき、大変な罪悪感や不安を抱く。その罪悪感を抱くが故に修復しようとする。ここに部分対象から全体対象への移行があるとも言えるし、抑うつポジションへの移行があるとも言えるのである。さらに、抑うつポジションとの対比において、「精神病的態勢」ということにも言及しており、そこでは良い対象と悪い対象の分裂やサディズムや攻撃衝動、さらには報復されるという迫害不安についても触れている。これらは後にフェアバーンの分裂機制などの概念も取り入れて、妄想分裂ポジションとして精微化されていくものと思われる。

 しかし、それまで攻撃衝動や破壊欲動、サディズムということを徹底的に重要視していたが、この1935年ごろになると、それに付け加えて、愛情や愛着といった愛についても徐々に理論の中に取り入れていっているようにも思われる。このようになってきた背景については色々と考えられるが、一つにはクラインの対象患者が乳児から大人に変わってきたことも挙げられるだろう。統合失調症や人格障害といった重篤度の高い患者が多かったようであるが、それでも抑うつのレベルをうかがわせるものが見え隠れしていたのかもしれない。


メラニー・クライン(著) 「犯罪行為について」 1934年
メラニー・クライン著作集3巻 ”愛、罪そして償い” 誠信書房 pp15-20

【続きを読む】
 この論文は口語調で書かれているため、講演録か講義録なのかもしれない。ここでは、ひとつ前の論文である「子どもの両親の早期発達」で書かれていた中の犯罪行為についてピックアップしている。

 ここで書かれていることを簡単に要約すると、「両親に向けたサディズムへの罰として報復されることを恐れる。その恐れが強ければ強いほど犯罪行為を繰り返そうとする。それは報復されること自体が超自我となり、その苛酷な超自我に対抗するため行動が犯罪なのである。また、迫害対象には元々愛情も含まれていたのだが、それは最深奥に隠されてしまっている。」ということである。

 このことからも、単に犯罪は反社会的な心性や他者に対する愛情がないこと故に起こるものではないとクラインは指摘している。臨床をやってても、患者の中には、犯罪とまで言わなくても、さまざまな反社会的行動を起こしている場合もある。それ自体が主訴として来談することもあるし、セラピーの過程で起こることもあるが、そこを分析していくことで、犯罪に至る背景や動機などが取り扱われていくようになり、そこには今まで満たされなかった欲望を満足させるために起こしている悲しい理由が浮き彫りになってくる。

 本論文はたった6ページであるが、なかなか含蓄に富んだものであると思う。


 テレビや新聞ではあまり取り上げられていない強制連行による従軍慰安婦が捏造・ウソであったとする根拠について。(この記事は心理臨床や精神分析から少し離れてしまいます・・・)

【続きを読む】
 従軍慰安婦がいたと言っている人が挙げる根拠は4つあるようです。

(1)吉田雄兎氏が1983年に出版した「私の戦争犯罪-朝鮮人強制連行」で従軍慰安婦について取り上げる
(2)韓国挺身隊問題対策協議会の出版した「証言集」
(3)太平洋戦争犠牲者遺族会(韓国)の聞き取り調査
(4)従軍慰安婦について謝罪した河野談話(1993年8月4日)



 この4つですが、いずれもその後の検証によって、これらが信憑性がないものとなっているようです。それらを簡単に説明します。

(1)吉田氏本人が従軍慰安婦の話はフィクション・嘘だったと1989年8月14日に韓国の新聞で言っている。
(2)中身が矛盾に満ちている。しかも、一番信憑性のある証言をする人でも、強制連行ではなく親に軍ではなく業者に売られていたと証言している。
(3)内容が非公開で、事実について検証されていない
(4)当時の宮澤喜一首相が従軍慰安婦についてきちんと調査する時間がなく、その場しのぎの謝罪で事態の沈静化をはかろうとしただけ。

 その他の従軍慰安婦の存在を否定するいくつかの論拠はあるのですが、「ない」ということは論理学上できないので、「ない」ということを間接的に支持する論拠ぐらいにとってください。

(5)強制連行を指示した文書が存在しない(1997年6月17日談話)。
(6)1951年から1965年の14年間にわたる日韓国交正常化のための日韓交渉の中で一度も従軍慰安婦問題が出てこない。従軍慰安婦の問題が急に取りざたされたのは1989年の吉田氏の著書(後にフィクションと)と、1991年8月11日の朝日新聞の従軍慰安婦の記事から。(1)で書いたとおり吉田氏の著作はフィクションであり、朝日新聞も後に従軍慰安婦は居たかどうかは疑問であると1997年3月31日に訂正記事を書いている。
(7)米国の議会や裁判所に度々韓国の団体から日本に対して賠償訴訟などが起こされていたが、最終的に2006年2年21日に米国にて起こされていた韓国から日本に対する賠償訴訟が却下された。これによって事実上従軍慰安婦問題の訴訟は決着がついた

 さらに百歩どころか万歩譲って、強制連行による従軍慰安婦があったとして、賠償責任はあるのかどうかというと、「賠償責任は無い」のです。

(8)1965年の日韓国交正常化の際に結ばれた「請求権・経済協力協定」により、両国間の問題は「完全かつ最終的に解決された」と明記されている。
(9)1965年に5億ドル(当時の韓国の外貨準備高の約3~4倍)の経済協力を韓国に行っている

 他にも色々とあるようですので、「従軍慰安婦 捏造」や「従軍慰安婦 嘘」といったキーワードで検索してもらえたらゾロゾロと出てくると思います。

 あと、意外とこの手のことについては全く知らない、聞いた事がないという人が多いようだったので、実際にはどうなのか、ということを調べるためにアンケートを作ってみました。ネットでのアンケートの信憑性はバイアスや母集団などの問題で低いので、これを根拠に何かを言うとか、研究にするとかではなくて、単に興味関心の範囲内ですので。

強制連行による従軍慰安婦について
http://www.efeel.to/survey/purely/



最後に参考サイト・参考ホームページを載せておきます。

<参考>
『慰安婦問題 おさらい10問10答』その1
『慰安婦問題 おさらい10問10答』その2
従軍慰安婦の正体
従軍慰安婦の嘘
Media Watch: 「従軍慰安婦」問題(上)
Media Watch: 「従軍慰安婦」問題(下)
従軍慰安婦問題を仕掛けたのは日本人
従軍慰安婦問題・解説編
従軍慰安婦問題・検証編


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。