発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 (精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S.フロイトの1918年に発表された論文「ある幼児期神経症の病歴より」について。

【続きを読む】
 フロイトの症例論文のうちの4つ(ある五歳男児の恐怖症分析強迫神経症の一症例に関する考察自伝的に記述されたパラノイアの一症例に関する精神分析的考察あるヒステリー分析の断片)を今までブログに書いてきたが、これが最後の症例論文である。

 この症例論文に登場するのはウルフマンというロシア人男性であるが、解題で小此木先生が境界例か統合失調症ではないかと言っているぐらい、重たく難しい症例であったようである。また、この分析治療では1年間と期間を限定したり、分析治療中にフロイトが自分の個人的な話をしたり、無料による分析治療をしていたりと、フロイトが論文で建前的に書いていることとかなり違うところがあり、それについても興味が引かれるところである。

 しかし、この論文ではそういう技法論的なところについての考察は少なく、主にウルフマンの幼児期に出現していた神経症症状について述べられている。幼児期に起こった外傷体験やそれにまつわる記憶、経過などが詳細に記載されており、精神分析によってこれほどまでに明確になるものなんだなと率直に驚いた。1~3歳の間の出来事を月単位で特定しているところは本当なのかと疑いたくなるぐらいであるが。

 これらの幼児期の記憶や出来事が単に客観的に再構成されて描き出されているというように論文から読めたが、よくよく読んでみると、どこかの一文でフロイトは「転移を通して発見(再構成?)した」という風に書いていた。見落としそうになるぐらいの短い記述であったが、やはり分析家と患者の間に起こっている転移を通して、理解していくことが分析治療の一番の道筋であるのだなということが確認された感じであった。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。