発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 (精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S.フロイトの1909年に発表された論文「強迫神経症の一症例に関する考察」について。

【続きを読む】
 本論文はフロイトの症例研究といわれる5つの論文の内のひとつである。5つの論文に登場する症例はそれぞれ、ドラ・ハンス少年・シュレーバー・ウルフマンとこの論文のラットマンである。

 しかし、ドラは中断ケースであり、ハンス少年は父親が分析し、フロイトは直接分析しておらず、シュレーバーは自伝を分析したものであり、ウルフマンは最後まで分析したが、論文では幼少期の病歴しか載せていない。その点、ラットマンは、転移性治癒ではないかと言われているが、最後まで分析を完了させ、その最初から最後に至る詳細に分析を載せている。そのようなところから、この論文は他の4つの症例論文とは大きく違う点であると思われる。

 さらに、珍しいことにフロイトのプロセスノートがそのまま現存しており、日本語訳も出版されている。

「ねずみ男」精神分析の記録

S. フロイト(著) 北山修 高橋義人(翻訳) 「ねずみ男」精神分析の記録 人文書院 2006年

 このようなプロセスノートと見比べながら、フロイトは症例の中から何を見て、何を取り扱い、何を取り扱わなかったのかが分かるのではないかと思う。訳者あとがきでは、フロイトはラットマンの父親との関係を中心にして解釈していたが、実は母親との関係も重要だったのではないかと書かれていた。

 確かにフロイトの理論を見ると、どうも母親の役割や位置づけをあまりしていないようで、その重要性を取り上げていないのである。この母親の重要性が取り上げられるのは、クラインやウィニコットを待たなければならない。

 このようなところはあるが、精神分析という文脈の中で強迫神経症のメカニズムについて詳細に検討されていることは大変意義深いものであり、そこからさまざまな分析的な人格理論や防衛理論へとつながっていくのである。反動形成・思考の全能・肛門期固着など重要タームもみのがすことができないところである。

 現在では強迫神経症は強迫障害という名に変わり、脳科学的な見地から生物学的な要因についての研究が積み重ねられている。そこでは薬物療法や行動療法などの効果が実証されているところもあるので、精神分析的な方法だけで強迫の治療をすることは難しいかもしれない。しかし、強迫神経症者のパーソナリティやその人間関係・対人関係などその人の全体像を捉えるためにはこのような分析的な理解をどこかでしておくことも必要ではないかと思われる。


S.フロイトの1913年に発表された論文「自伝的に記述されたパラノイア(妄想性痴呆)の一症例に関する精神分析的考察」について。

【続きを読む】
 本論文は、妄想型の精神病であるシュレーバーが書いた自伝「回想録」から精神病について精神分析の視点から考察したものである。

 フロイトは基本的には神経病医なので、ユングやフェダーンのように精神病の患者を持つことはなかったが、それでも多少の経験や鋭い洞察力で精神病のメカニズムについてかなり発展的な考察をしているのは,
すごいところである。

 本論文では、一言で要約してしまえば、同性愛願望に対する防衛とその破綻が精神病であると結論している。それが真実なのかどうかは分からないが、確かに精神病の患者と接していると性にまつわる妄想というか防衛というか、かなりすさまじいものが背後にある感じはしている。

 この後に発表される「ナルシシズム入門」などを見ると、フロイトの精神病に対する理解や治療はかなり否定的で、「精神病は転移が生じないので治療は出来ない」としている。いわゆるリビドーが外ではなく、完全に内に向き、1次的なナルシズム状態になっている。そのため、そこに転移、いわゆる関係性が取れなくなっており、すなわち関係性にもとづく精神分析療法はできないという意味である。

 このあたりは、後のクライン・ウィニコット・ビオン・ローゼンフェルドといった対象関係論・クライン派の分析家によって方向性が変わり、精神病の治療を精力的に行い、その過程で重要な発見をしていっている。

 僕は精神病の精神分析療法は経験がないが、一般的な臨床はあり、そこで思うのはやはり精神病の患者はかなり混沌とした生の欲動をぶつけてくるといった感じはある。そこにはすさまじさとしか表現できないものを感じる。もちろん、治療者という対象に向かってきちんと表現しているというよりも、無方向的にばらまいているという感もあるのだが。

 さらに、フロイトの時代と現代との違いはなんといっても薬物の恩恵が断然違うというところだろう。今では精神病院といっても薬物療法がかなり功を奏しているので、比較的平穏に精神病の患者もなっている。薬物が効くことによって精神療法もまた効果がでてくるのである

 また、フロイトは転移・関係性が治療上重要としているが、本論文で考察しているのは自伝からである。すなわち、自分が治療者としての役割を取っていないのである。臨床はやはり私とあなたの間で生成する素材が一番重要な情報となり、それをとことん分析していくことでそこに色々な意味が見出せて行くのである。

 自伝の分析ではどうしても客観的・第三者的になってしまい、そこに生の体験が削ぎ取られてしまうのだろうと思う。現代的に言えば転移/逆転移から治療と研究は進むのであるが、フロイトはそこから離れて客観的にシュレーバーを見ているところに生々しさがなくなってしまっているのかもしれない。

 これがフロイトが神経病医ではなく、精神病医であり、精神病の患者を数多く見ていたら・・・何かがまた変わってきたのかとも想像したりする。



【続きを読む】
 今は絶版となってしまった本。どのネット書店、どのネット古本屋で検索しても見つからなかったので、もしかしたらかなりの稀少本なのかもしれない。自分はどこで買ったのかはさっぱり覚えてないけど、昔から持っています。

 本書はアーブラハムの代表作である「心的障害の精神分析に基づくリビドー発達史試論」を中心に1910~1925年に書かれた12本の論文が収められている。アーブラハムの論文はもっともっとたくさんあるが出版社事情で12本だけに絞られた経緯があるよう。

 アーブラハムは躁うつ病の研究や、口唇期・肛門期・男根期といったフロイトの心理性的発達の諸段階を細かく検討していったことで有名である。また、メラニー・クラインの訓練分析も行い、以後のクライン理論・対象関係論の芽が本書でも散見される。

 たとえば「良い母親」「悪い母親」といった概念はその後のクライン理論の先駆けともいえる。また口唇サディズムなどは今日的には境界例や摂食障害などの理解にも通じるものである。

 フィレンツィとともにクライン理論・対象関係論の先駆けとして読んでおくと良いかもしれない。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。