発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 (精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【続きを読む】
 フロイトが60歳頃にウィーン大学で行った講義の記録である。当時は精神分析が徐々に発展し、広まってきたとは言え、まだまだ風当たりの強かったと推測される。その時期に、一般向けの公の場で精神分析の講義をするということで、フロイトも精神分析を広めれるという気持ちで張り切っていたのかもしれない。内容を読んでいると、そのようなフロイトの張り切り具合が行間を通して感じられるとともに、精神分析をあまり知らない一般の人に分かり易く、丁寧に説明していこうという一生懸命さも伺える。

 上巻の内容としては「錯誤行為」「夢」「神経症(一部)」について書かれており、今まで公にされた「日常生活の精神病理」「夢判断」を中心とした様々な論文をコンパクトにまとめ、整理し、分かり易く解説しているものである。

 これらを読んで連想したことを一つだけを取り上げる。錯誤行為の中の物忘れというものがあるが、これは重要なものであるからこそ忘れてしまうとフロイトは主張している。これらのことから思い浮かぶのは、実際の臨床の中における患者さんの無断キャンセルについてである。無断キャンセルの理由は様々だが、よく患者さんが理由として挙げることは「忘れてました」というものである。無断キャンセルをしたことを治療者に怒られると思って嘘をついていることもあるのだが、実際には本当に忘れていたという場合も結構ある。

 セッションを忘れていたということは錯誤行為に当たるし、フロイトの主張に従えば、それには意味があるということになるだろう。そして、ここで重要なことはその意味を考える作業であり、無断キャンセルをしたことを責めて、もうしないようにさせることが重要なのではない

 さらに、無断キャンセルをしたことやそれを忘れたことについて、「なぜ無断キャンセルをしたのですか?」「なぜ忘れたのですか?」と理由を問うてもあまり意味がない。それよりも、「無断キャンセルをしたことについてどう思いますか?/感じますか?」や「忘れてしまったことについて何か思いつくことはありますか?」といったように、それ自体にまつわる空想や連想を聞いていくことが治療をしていく上ではとても重要となってくるのである。

 下巻では神経症総論の続きと続精神分析入門が収められている。続精神分析入門では7講が収められているが、これは特に精神分析入門のように講義録のまとめのような体裁をとっているが、実際には抗議録ではない。精神分析入門を発刊した後15年も経っているので、新しい知見を付け加えるために書かれたものである。

 特に精神分析入門の時にはなかった死の欲動や超自我といった概念が導入されており、その観点からの読み直しはとてもすっきりとしている。やはり概念が増えると説明力や説得力が増えるのかもしれない。

 この下巻も色々と見ていくと面白いのだが、一つだけ思ったことを書く。最後の35講の「世界観というものについて」のところで、フロイトは精神分析は治療技術から出発しており、それは科学の一つの分野であると言っている。思想体系としてのものではないと。現実的には精神分析は治療技術だけではなく、哲学や宗教や思想として広く世界に知れ渡り、強い影響力を持っている。これは思想といって差し支えないぐらいである。しかし、フロイトは謙虚にそこまでは考えておらず、臨床の中・実践の中での精神分析というありように限定しようという意図を持っているようである

 確かに精神分析的に見れば、世界の様々な考え方や現象を理解することができるようになるが、いうなればそれは精神分析の応用であるにすぎないのかもしれない。精神分析の本質や真髄はやはり治療者と患者との間で織り成される精神分析的な治療という営みにあらわれているのだろうと思う。フロイトが最後まで臨床家として生きたのはそういうことも関係していると思われる。

 このことからも本当に精神分析を理解していこうとするのであれば、本を読んだり、知識を積み重ねることももちろん大切であるが、それ以上に臨床の中で精神分析的な生の体験を積み重ねることがとても大切になってくるのだろうと思う。



【続きを読む】
 本書は、クライン派精神分析家であり、自閉症・精神病児の精神分析的治療・精神分析的研究の第一人者であるタスティンの理論を紹介した書籍である。しかし、入門書となっているものの基本的な精神分析の知識やクライン理論・対象関係論の理論を前提にしているところがあり、さらにその上で、タスティン独自の用語(カプセル化、混乱錯綜、ブラックホールなど)が出てくるので、まずは基本的な精神分析理論を分かっていないとなかなか読み進むのが難しいかもしれない

 さらにタスティンの理論を単独で紹介することに留まらず、タスティンの生育歴からどのような経緯で自閉症に関心をもったのかや、フロイト-クライン-ビオンといった精神分析の歴史的な流れの中に位置づけらて紹介されているところはとても重要である。さらにメルツァー・オグデン・アルヴァレズといった同時代の分析家との交流の中でタスティンの理論は発展していっている。特にビオンはタスティンの分析家ということで、その影響は大きく、ビオンの理論はタスティンを理解するうえでは多少なりとも頭に入れておく必要がある。なので、フロイト以降の分析家との相互交流を抜きにしてはタスティン理論を真に理解することはできないのである。

 自閉症の理論や治療については世界的なスタンダードとして生物学的理解や行動分析的治療があり、最近ではTEACCHといった教育的アプローチが効果的であると言われている。反対に自閉症の精神分析的自我心理学の理解や治療については、母原病の否定以来あまり世間的には注目・関心を向けられることはほとんどなくなっていった。

 タスティンの自閉症の精神分析的研究ではそういったアメリカにおける精神分析的自我心理学の方向性とは全く違い、生物学的な要因を否定したり、単一の原因論ですべてを説明しようとはしていない。さらに、精神分析的理解や治療は行動分析的治療を否定し、取って代わろうとするものではないと本書では明記されている。

 しかし、一方でTEACCHや行動分析などの対応の欠点も指摘している。それは認知や思考を焦点にしすぎており、自閉症の感情や情緒の取り扱いを行っていないというところである。確かに行動分析やTEACCHでは学習面や思考形式についてはかなり発達した研究や理論構成を行っているが、感情や情緒については、「パニック・かんしゃくを起こさないようにする」といったぐらいの理解であり、避けるべきものとしてしか見ていないところはあるように思う。この点に関して、タスティンは自閉症のパニックやかんしゃくの背景にある不安のメカニズムを解明し、そこで自閉症児が実際にどのような体験をしているのかをリアルに理解していこうとしている

 タスティンの自閉症理論は生物学的な要因を大きくは認めつつも、自閉症特有の傾向や症状を根源的不安に対する防衛であると理解しているところはとても斬新なところである。自閉症の感覚優位や常同行動というのはそれ自体が自閉症児にとって安心をもたらすものであり、それなくしては破滅的な不安・解体的な不安に暴露されてしまうのであり、それを回避するための必死の防衛作用なのである。このような視点から自閉症をみると、自閉症の症状といわれるものに対する認識が変化し、援助者や治療者のモチベーション向上につながるという効果があるだろう。

 さらに精神分析的な発達論の特徴であるが、さまざまな精神疾患における不安や体験というのは人間ならば誰でも発達過程の中で一時的にせよ体験しているという視点を持っている。自閉症の感覚への逃避や根源的不安も同様に人間であれば最早期の発達過程の中で誰しもが体験しているのである。これが客観的事実であるとする科学的証拠があるわけではないが、自閉症の不安や思考を理解し、共感を向けていくことができるということは、やはりどこかで自閉症と同じ体験をしているということになるのかもしれない。

 さらにタスティンは精神分析的治療の可能性を模索する上で、自閉症をカプセル化タイプと混乱錯綜タイプに分類している。そして、自閉症の心因についても述べ、そこを発見し、焦点化していくことの可能性も本書では紹介されている。

 また、実際の自閉症の精神分析的治療の実際についても述べられている。しかし、一般的な精神分析的な児童分析や精神分析療法をそのまま適用することはできないとタスティンは結論しており、技法の改訂をも行っている。具体的には従来の精神分析的治療はパッシビリティを強調しているが、それを遵守していると自閉症児に治療者がモノ化されてしまい、家具やおもちゃの一部として認識されてしまい、そこに人間らしい生き生きとした交流がうまれなくなるとしている。そのため、タスティンは分析室と日常を分ける工夫やアクティブに介入していくことを推奨し、それをケースをもとに紹介している。確かに自閉症の治療で治療者が動かず、ただ単に言葉かけをしているだけではラチがあかないことは多いだろう。それを考えるとタスティンの技法の改訂はうなづけるものである。

 上にも書いたが自閉症の治療や対応といえば現在では行動分析・行動療法、TEACCHが主流である。確かにその治療効果は否定するものではないが、自閉症の本来的な体験を理解し、不安を抱えていく対応は精神分析的な理論の元でしていく必要はあるかもしれない。自閉症の情緒や感情はそれ自体がとても重要であり、なおざりにされてはならないものであると本書を読んでいると痛感する。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。