発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版 (精神分析 臨床心理 心理療法)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【続きを読む】
■はじめに

 ラカンの人生とラカン理論について簡潔に書かれた入門書である。入門書であるが、やはり基本的な精神分析についての知識などがないと理解がしにくい本である。また、言語学や記号論についての知識があればなお良いが、なくても丁寧に読めば、理解はできるぐらいである。

■フロイト回帰

 ラカン理論は基本的にフロイト回帰から出発しており、フロイト理論の読み直しが最重要課題となっている。特に死の欲動の概念はフロイト以後は思弁的なものとして一部の分析家以外はあまり重要視していない。しかし、ラカンはこの死の欲動こそが他者と自己とをつなぐ概念として再注目している。

■短時間セッション

 ラカンの技法としてもっとも目を引くのが短時間セッションである。これは精神分析療法の一回のセッションの時間を短くするというものである。この技法によってラカンは主体を尊重できるという主張で国際精神分析学会(IPA)からの要請にも関わらず、捨てることはなかった。このためにラカンは教育分析家になることができなかったのである。

 短時間セッションについては、ラカン理論の背景から読み解けば、確かにそこに大変意味のあるものと思われる。特に時間を区切るということが解釈としての機能を果たすということはうなづけるのである。しかし、反面では、解釈というのはそれをすること自体も重要だが、解釈後の患者さんのレスポンスを見ることも重要となってくる。治療者の解釈を肯定するのか、否定するのか、無視するのか、連想が変わるのか、連想が変わらないのか、そういうところからさらに分析を進めていく素材が浮き上がってくるのである。時間を区切るということはその区切った後の患者さんのレスポンスを扱うことが難しくなってしまうというデメリットは無視できないものである。ちなみに、短時間セッションはラカン以外のラカン派は使用していなかったようである。

■黄金数

 また、本書では黄金数という言葉が多数出てくる。これらは「他者を見る中に自分の存在をみる」という観点から重要な考え方で、いわゆる存在論的な視点である。P93で「”どう見えるか”ということを割合で、つまり理性で表すことにしよう」としている。すなわち、「他人y/私x」となり、そこからさまざまな数式で黄金数に導いている。しかし、なぜこれらの前提がなりたる理解できないのだが、見ることがどういうところから割合で示すということになるのかがまだ理解できていない。

■ラカンの思想的側面

 ラカン理論の他者の欲望や対象aという概念はフロイトのテクストから抽出したラカン独自のものである。これらの概念から転移や精神分析療法における治療者-患者間における関係性の変化を理解していくことができる。また、それに留まらず、精神分析を超えて、人間存在を規定するもの、人間のありようを証明するものとして、哲学的・思想的な価値を有するものであると考える。その傾向が強いがゆえに、臨床的にこれがどのように活用されるのか、患者さん理解にどうつなげられるのか、といったことが削り取られてしまっており、臨床的有用性の観点から少し物足りなく感じてしまうところである。

 精神分析は臨床の中から生まれ、臨床の中で活用されるものである。しかし、ラカン理論は臨床の中で活用されるというよりも、思索的に活用されることが多いように思う。ラカン理論を研究している人は、臨床家よりも哲学者や思想家、文化人に多いことからもうかがえる。精神分析臨床をしている人は自我心理学-クライン派-独立学派-コフート派-対人関係論学派を基盤にしている人が多いのではないだろうか。こういう風になっているのも色々な歴史的経緯が関係していることが考えられる。

 ラカンの独特な考えや思想、技法はIPAの考えとはかなり異なっており、IPAからは破門に近い形でラカンは追放されている。IPAに属さないということは、精神分析家や教育分析家と言えなくなるということであり、臨床指導ができないということである。ラカンはその代わり、教育機関において臨床家対象ではなく、哲学者や思想家、文化人を対象としたセミナールを開講することとなった。対象がそういう人であったために、臨床というよりは思想的な観点が強調されていったのではないかと思われる。ラカンは臨床実践を軽視するなといったり、パリフロイト派を立ち上げたりの活動はしていたようだが。こういうところから、ラカンが臨床家ではなく、非臨床家を中心に思想が展開して行ったのではないかと思われる。

■ラカンの人生

 ラカンの人生はかなり紆余曲折があり、対立と同盟が繰り返されていたようである。また、その難解な語りが災いしてか、誤解や偏見によって迫害されていたところもあるようである。自分の理論の実践の場としていくつかの団体を結成したが、弟子にさえ、その理論の根本を理解されることなく、言われなき分裂や決別、失望、失敗を体験した。パリ・フロイト派の解散はラカンにとってはかなり大きな出来事であったようである。

 そこのはフロイトが「分析技法における構成の仕事」で弟子たちがフロイト理論を正しく継承していなかったことを嘆いていたのと同様に、ラカンもラカン理論が正しく伝えられなかったことを嘆いていたのかもしれない。特にパスという資格制度についてはラカンの理想や理念が織り込められたものであったろうが、最終的には「失敗だった」と言わざるを得なくなり、自らパリ・フロイト派を解散させねばならなくなってしまった。

 ここにラカンがラカンであったがゆえの悲しみが付されているように思う。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。